無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

番外編 苦手なもの。
氷川
氷川
ついにこの時が来てしまった。
鬼殺隊は健康第一!属に言う健康診断です。
氷川
氷川
へ?今から血液検査!?
痛いの嫌いなあなたは注射なんて世の中にいらないと思っている。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
さぁ、大人しく腕を差し出してくださいね。
氷川
氷川
(ヒィィめっちゃ笑顔……怖い怖い、人いっぱいいる。情けないとこ見せれないよぉ。)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
さぁいきますよ。
プスッ
氷川
氷川
いっ……くっ……ふぅ…あ、あ…んッ……
周りの人
(え?なんかエッr……)
氷川
氷川
まっ……まだぁ?はっ……やくぅ……
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
もうちょっとですから頑張ってくださいね。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
(これだからあなたの注射は辞められない。)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
終わりました。
氷川
氷川
終わったぁ。
グイッ
氷川
氷川
ん?
冨岡義勇
冨岡義勇
可愛いなあなた
氷川
氷川
へ?
冨岡義勇
冨岡義勇
痛いの苦手か?
氷川
氷川
ヒィィ
走るっ!
冨岡義勇
冨岡義勇
ニッコリ
氷川
氷川
いやぁぁぁぁ
おまけ
氷川
氷川
義勇さん……痛ッ…んぁ…ッん……
冨岡義勇
冨岡義勇
(エッr……)