無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第2話

two
「 こんばんわ 、お姉さん

俺とホテル 入りませんか ? 」

「 ... はい 、ります 。 」

正直吃驚した 。

こんなに素直に着いてくる人が居るのかと 。

でも彼女の瞳は濡れていて 、

直感だけど
振られたのかな ´ そう思ったんだ 。





彼女と入ったホテルは

煩い程に ピンクであしらわれていた 。

柔らかいベットに かけられた
薄いピンク色のシーツ 。

何を察したのか 彼女の表情 は
少しだけ 固まった 。



前振りなど 要らない 。
先程 出逢った彼女を そっと倒した 。


「 わ ッ 、」

小さいそんな声と 紅潮した頬は
俺を揺さぶる 。


「 覚悟 、出来てるんすよね 」

「 はい 、勿論 、」

そう答えた彼女は 優しく微笑んだ 。

まだ 、余裕があるのに 腹が立って

彼女の唇を 貪るように塞ぐ 。


「 んっ 、んぁ .. ッふぁ 、」

時々漏れる 甘い声に
誘われるように 自分の唇を ぺろり ´ と舐めた 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ぽにょ
ぽにょ
ぽにょ と申します ❕ プリ画に いるよ 👶🏻🍼 探してね 🥺 ちなみ いのお担だよ ✌️🏻❤
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る