無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

88
2021/10/10

第11話

9話 消えそうなSOS
あなたsaid
松村北斗
松村北斗
どうしたら、いいの──
苦しい、そんな音がする、


















消えてしましそうなほどに儚くて小さいSOS



















私がここで何もしなかったらきっとそのまま消えてしまう















 

それだけは避けたい、だってこれはこれは


















北斗が初めて出した消えそうなSOSだから
田中said
(なまえ)
あなた
”セカイに来て”
たった一言のメッセージ、きっとこれはきょもにも、


















あなたから呼ばれるということはきっと北斗に



















何かあったのかもしれない、急いでいこう








〈ピカッ〉


田中樹
田中樹
んっ、、
京本大我
京本大我
樹!良かった、
田中樹
田中樹
きょもも来てたんだね、
京本大我
京本大我
うん、あなたから呼ばれて
(なまえ)
あなた
よく来てくれたわね。二人共。
田中樹
田中樹
どうかしたの?急に、
(なまえ)
あなた
………彼を、北斗を救ってほしいの。
京本大我
京本大我
え、?でも、北斗は俺らを受け入れたく無いんじゃ、?
(なまえ)
あなた
本当に受け入れたくないのならここに入れてないわ
(なまえ)
あなた
きっと、貴方達は特別な何かがあるのかも知れない
田中樹
田中樹
特別な、何か?
京本大我
京本大我
………なんだろう、
(なまえ)
あなた
───例えば、同じ気持ちを持っているとか