無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

136
2021/06/19

第7話

部活☆
部活___________

シュッバッッ

すごいスパイクだぁ!!(?)


清水「あなたちゃん」

あなた「はい!」
清水「今はドリンクとか、タオルを渡すだけでいいよ!」
あなた「了解です!!」

清水「あ、あと流れ弾には気を付けてね。」

あなた「は、はい!」




ナガレダマッテナンダロウ


潔子さん相変わらず美しいぃ



そんなこと考えてたら

影山「あなた!危ない!!」
あなた「へ?!」





目の前に、、ボールが?!
あなた「ひぃっ!!」



シュッ

あなた「へ??」

今、西谷先輩が?!


清水「あなたちゃん!大丈夫だった?!」

あなた「は、はひ//」
清水「よかった、西谷、ありがとう」


西谷「チーン」

あなた「西谷先輩?!大丈夫ですか??!」



清水「大丈夫。なれてね、笑」

あなた「はい、?」



西谷「ありがとうって言われたッッッッッ←」



あなた「あ、あの!西谷先輩!あ、ありがとうございます!//」
西谷「おう!流れ弾、あなたちゃんがあたらなくて良かったぜ!」
 



あなた「なんて優しい方...!」

影山「....。」



月島「なに?王様まさか嫉妬?笑」
影山「あ"?ウルセェ」

部活後_________


あなた「月島くん、ブロック上手いなぁ
     性格よけりゃあよしなのに!」


月島「なにが?」


あなた「げっ!!」

月島「げっってなにさ」

あなた「別に。」
月島「こう見るとほんっと背低いよね笑」

あなた「うるさい!月島くんが背高すぎるだけでしょっ!」


月島「ねぇ、月島じゃなくて名前で呼んでよ。」



あなた「え、やだ」
月島「呼ばないとあだ名ちびっこにするけどいいの?」



あなた「ぐぬぬ...、」

月島「なに?早く呼んでよ笑」




あなた「け、い((ボソッ」
月島「なに?よく聞こえないんだケド笑」



あなた「蛍...///」

月島「ッッ!なに照れてんの//」


あなた「だって恥ずかしいもん/」



月島「じゃあ次から名前で呼んでね」
あなた「ハイ」



影山「....。」

日向「影山?どうした?そんな怖い顔して笑」


影山「ウルセェ日向ボケェ!!!」
日向「なんでだよ!!」

山口「ツッキー!ケーキ買お!」
月島「なっ!ここで言わないでよ!」

山口「え?ごめん?」
あなた「へぇー月島くんケーキ好きなの~?笑」

月島「別に関係無いデショ。てか蛍って呼んでって言ったよね?」



あなた「うぅ...」

なんで名前呼びだといけないの!このやろー! 



影山「あなた、行くぞ」

あなた「へ!?どどどどこへ!!?」


影山「家。送る。」

あなた「ちょちょ!影山くん!急過ぎるって!!///」
月島「あれ~?王様、また嫉妬??笑」

あなた「しししっと?!///」



影山「ちげぇよ、暗いから送るだけだ。」
月島「それにしても急過ぎデショ」

影山「ウルセェ!あなた、帰るぞ」


あなた「う、うん?/」


日向「影山とあなた、もう帰るの?」

あなた「うん!日向、また明日ね!」





家☆_____________
及川「あー!あなたちゃん、お帰りって...」

影山「うす。」
及川「なんで飛雄?!」

影山「暗いんで、送っただけです。」


及川「ふーん」


ガバッ(バックハグ☆)

あなた「はっ?!」


及川「ありがとー飛雄ちゃん!じゃあね。」

影山「....。」


なんか...怒ってる?




それにしてもさ








あなた「あぁぁ~もー!/////」

↑手を繋がれてすごい照れてます



岩泉「くそ川~早くしろー。」



及川「飛雄ちゃんめ...!!!」