第139話

押し倒してみた(2階)
867
2024/03/31 03:52
ハウレス・クリフォード



あなた
ドサッ
ハウレス
なっ…!?//主様っ…どうされましたか?//



動揺しまくるイケメン、ハウレス・クリフォード。顔真っ赤、真っ赤過ぎてリンゴみたい。あといい匂いする。



あなた
んふふ♡
ハウレス
っ!?///…あんまり、見ないでください…///



顔を逸らすがその横顔もイケメン過ぎて最早沼。主様は襲いたい気持ちを抑えてとりあえず匂いを嗅ごうと、首元をクンクンする。それにビックリしたハウレスは、背中に手を回し抱き締める。



あなた
ハウレス
主様…あんまり可愛い事されると、俺も我慢出来なくなります。



フェネス・オズワルド



あなた
ドサッ
フェネス
えっ…あ、主様…?//



何が起きてるのか理解出来ず、顔真っ赤で声が小さくなるフェネス・オズワルド。主様の顔がこんな近くに…綺麗だなあとか考えてる。そんな彼にはお仕置です。



あなた
悪い子にはお仕置だね?
フェネス
えっ!?…あの、俺何かしましたか…?

格好良いから、と言うと頭に?をたくさん浮かべる。そういえばこの子の胸元には紋章が…そう思い服のボタンに手をかけると、慌てて止められる。



あなた
??
フェネス
お風呂っ…お風呂入ってからにしましょ?…お、俺が、洗ってあげますから…。//





ボスキ・アリーナス



あなた
ドサッ
ボスキ
…どうした?今日は珍しく積極的じゃねぇか。



特に動揺もせず余裕の対応。口角が上がる男、ボスキ・アリーナス。いい眺めだなって余裕ぶってる。何か悔しいので彼から一本取りたい。



あなた
これじゃあ逃げられないでしょ?
ボスキ
そうだな。まあ、俺は端から逃げるつもりなんてないぜ?それより、主様の方が逃げんなよ?



悔しい、悔し過ぎる。この怒りを何処にぶつけようか、と思ってたら主様はボスキの首に噛み付く。いっ…と顔を顰めた後、自分も同じ所に痕を付ける。



あなた
っ!
ボスキ
これでお相子だな…。それとも、もっと甘くて激しいのがお好みか?





アモン・リード



あなた
ドサッ
アモン
っ…!?…主様、今日はいつになく色っぽいんじゃないんすか?



こちらもとりあえず押し倒されるまでは余裕の表情、アモン・リード。今日も可愛いっすね〜とかニヤニヤしながら見てる。そういう彼にイタズラをしかける主様。ウエストのラインをスっと撫でる。



あなた
ニヤ
アモン
ちょっ…!?〜〜もう主様、そんなにオレに構って欲しいんすか?



別に〜と唇を尖らせると、その唇をスっと撫でるアモン。なぞるように触っていくと、甘い声が漏れる主様。



あなた
っ…ん…。
アモン
主様、さっきまでの威勢は何処にいったんすか…?♪

プリ小説オーディオドラマ