無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

489
2019/04/17

第9話

喧嘩
シルクside
来月5月12日は
俺の彼女そらの誕生日だ
5月の最初の週は
忙しくてそらへの誕プレ
買えないから4月中に買おうと思った
何を買っていいのか分からないから
そらの親友エイちゃんと一緒に
買い物に行くことにした
そらside
今日はりっくんとみっくんと
ネタの買い出しに行く

ネタの買い出し中
俺はとんでもないものを目撃した
それは…
シルクとエイちゃんが一緒に歩いてる所を
そのシルクはめっちゃ楽しそうだった
そら
そら
えっ…シルクうそ
なんで…(泣)
俺は家に帰ると
自分の部屋で泣いた
泣き疲れたのか
いつの間にか眠っていた
するとシルクが帰ってきた
シルク
シルク
タダィマ☆(*>ω<*)ゞ
シルク
シルク
そら〜
タダィマ☆(*>ω<*)ゞ

そら?部屋かな?
シルク
シルク
そら〜
そら
そら
入ってくんな
嘘つき
シルク
シルク
えっそら?どうした?
そら
そら
どうした?じゃないよ
今日エイちゃんと一緒に居たくせに
シルク
シルク
あっ…あれは…
そら
そら
約束したじゃん
浮気はしないって
でも…なんで(。•́ωก̀。)
シルク
シルク
浮気はしてない!
そら
そら
じゃあなんでエイちゃんと一緒に
居たんだよ
シルク
シルク
えっと…ひ、ひみつ
そら
そら
言えないんでしょ
やっぱり浮気してんじゃん
シルク
シルク
だから浮気はしてないの
そら
そら
彼女の俺に
言えないんでしょ…(泣)
そら
そら
もう…いい…
シルクなんて知らない
もう別れよ
シルク
シルク
あっ…そら!
ガチャ…バタン
シルク
シルク
ちょっと言いすぎたかな?
どうしよう
シルク
シルク
マサイに相談してみるか
LINE
シルク「マサイ!そらと喧嘩した」
マサイ「なんで?」
シルク「今日の事」
シルクはマサイに今日のことを話した
マサイ「なるほどね。じゃあ追いかけて真実を話して仲直りしてきな」
シルク「うん、そうするありがとマサイ」
マサイ「頑張れよ( *˙ω˙*)و グッ!」
シルク
シルク
そら、どこに行ったんだ?
シルクはある公園に来た
その公園は
シルクとそらが小さい時に
よく2人で遊んでた場所
シルク
シルク
あっ懐かしここ
シルクがその公園に入ると
ブランコに人が
シルクはそのブランコに近づいてみた
そこに居たのは
シルクの可愛い可愛い
彼女そらだった
シルク
シルク
そら!
そら
そら
シルク…ごめん言いすぎた
シルク
シルク
俺の方こそごめん
そら
そら
シルクは浮気なんてしてないんでしょ
シルク
シルク
うん
そら
そら
ごめん信じなくて
シルク
シルク
今日エイちゃんと一緒にいた事
話すよ
家に帰ったらね
シルク
シルク
今日エイちゃんと一緒に居たのは

来月そらの誕生日でしょ?
誕プレ何を買っていいか分からなかったから
エイちゃんと一緒に買いに行ってただけ
決して浮気なんてしてない
そらが大好きだもん
そら
そら
そうだったの
信じなくてごめん
シルク
シルク
そら、大好きチュッ
そら
そら
俺もシルク大好きチュッ
シルク
シルク
ねぇ、ヤろ?耳元
そら
そら
うん
2人は朝までやりましたのさ