無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
525
2019/07/02

第20話

放置ゲーム
そらside
俺は
トイレに行きたい
なのにシルクに全裸にされ
椅子に拘束されている
そら
そら
シルク〜
ほどいてよ
シルク
シルク
漏らしたらお仕置きね


じゃ俺は編集してくるから
そら
そら
そんなぁ〜
シルク
シルク
漏らさなきゃお仕置きはしないよ
我慢してね
シルクは編集しに別の部屋へ
そら
そら
押さえたいけど
腕動かないし
〜数分後〜
そら
そら
もう無理
我慢できん
ンァァァァァァ
出しちゃった
数時間後
編集終えた
シルクが戻ってきた
シルク
シルク
そら、
どう?
シルク
シルク
あっ
漏らしたんだね
じゃあお仕置きだ
シルク
シルク
ちょっと待っててね〜
シルクが何かを持ってきた
そら
そら
何それ
シルク
シルク
これ?
電マだよ
シルク
シルク
これをそらのものに当てて
そらを連続イキさせるの
シルク
シルク
スイッチオン
電マをそらのものに当てる
そら
そら
ンンンンンンンン…///
シルク
シルク
これまだ弱だよ
そら
そら
アッ…イクッ…ンァァァァァァ///
シルク
シルク
中に変えよ
そら
そら
ンンンン…イったばっか///
シルク
シルク
連続イキするって言ったじゃん
そら
そら
ンンンン…またイクッ…ンァァァァァァ///
シルク
シルク
今度は強
そら
そら
強くしないで…///
シルク
シルク
まだまだイけるでしょ
そら
そら
またイッちゃう…ンァァァァァァ///
この後そらは何回もイきました
そら
そら
シルクもう無理
シルク
シルク
しょうがないなぁー
今日はこの辺で終わりにしてあげるよ
そら
そら
シルク〜
シルク
シルク
何?
そら
そら
俺の事抱いて上目遣い
シルク
シルク
(その目は反則)
いいよその代わり
優しく出来ねぇよ
そら
そら
いいよ
2人は時間も忘れるほど
抱き合ってました
END