無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

214
2019/01/18

第35話

モテモテ北野先輩の噂
(生徒達の噂話ということで「」の前に男1とか生徒とかはつけないです
そのかわり「」ではなく『』を使用します)
『先輩おはよーございます!』
『おっ!はよー!』
『先輩、気が合いますね😂』
『そうだな😂
あ、そうだ、あなたに告ろうと思うんだけどさ、場所ってどこがいいと思う?』
『あ、先輩も告るんですか?!』
『そうしようとは思ってるけど。。
なにかあるの?』
『この前僕告白しようとしたら転校生の片寄先輩と手繋いで来て、2人ってカレカノらしいですよ』
『誰が言ってたの?』
『本人達が、、』
『まじかー、、
告るタイミング失ってたから今日こそはって思ってたんだけどなぁ
片寄に先越されたか、、』
『どうしたの?そんなに落ち込んで』
『観月先輩?!』
『おはよー!』
『おはようございます!』
『あんさ、今日あなたに告ろうと思ってたのにあなたと転校してきた片寄が付き合ってるって』
『美男美女だから仕方ないよね、、
私も亜嵐先輩好きけど絶対あなたちゃんのことしか興味ないからなぁ、、
転校してきた7人絶対みんなあなたちゃん好きでしょ』
『やっぱそうだよな』
噂は出回り、お昼休み
『あ!あなたちゃんいた!!
ねえねえ、あなたちゃんって片寄くんと付き合ってるの?』
7人-片「えっ?!」
「あ、ごめんなさい😂
それ告白されても名前も知らない人と付き合うのはどうかと思ってそういうフリしてもらってただけなんです😂
でもカレカノじゃないってバレちゃうとまたうるさくてお勉強出来ないので広めないでもらってもいいですか?」
『あ、りょーかい!』
「あ、観月先輩!
今日部活行きますね!」
『お!久々じゃーん!
待ってるよ!
君の歌声を届けるんだ!』
「え、ちょ、先輩、、😂😂」