無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

204
2019/01/19

第37話

北野ちゃん
白「あなたー」
「あ、なにー?」
白「ちょっと来て」
「ほーい」
屋上で
ん?リョウガくん以外みんな揃ってる、?
「どうしたの?」
草「あなたさ、あいつのこと好きでしょ」
「あいつ、、?」
片「リョウガ」
、、、
「、、うん、」
白「俺ら全員あなたのこと好きなんだよ
好きだけど、好きだからこそお前が好きな人と幸せになるのを応援したい」
松「やから今日の放課後、屋上は俺らしか入られへんから、」
佐「リョウガくんに告白してみたら、?」
「え、無理無理
告白なんてしたことないし出来るわけないし私なんかが告白してきたら気持ち悪くない?!」
小「、、はぁ、
お前もうちょっと自分の可愛さに気づくことくらいできねーの」
「、、?」
草「ダメだこいつ鈍感😂😂」
「鈍感じゃないよ!」
白「じゃあ、ばか、?」
「んぅ、、
否めない、、」
片「😂😂」
「もー、、
笑わないでって、、」
片「ごめんごめん」
佐「まーとにかく頑張ってよ」
「それだけは却下ー
さよーならー👋」
小「はぁ、、」
松「こうなったらリョウガに仕掛けるしかないか、、」
片「俺ら全員告白したってことにして、リョウガに告白させる、?」
白「あ、それいい」