無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

#しんはるで電話してみた
遥嘉はるかあなた
あ、もしもし、慎太郎~?
森本慎太郎
Yes、ア、ボク、モリ~!
遥嘉はるかあなた
ふはっ笑
おひさに聞いたそれ笑
森本慎太郎
だろ~笑
で、どした?
遥嘉はるかあなた
いや、何となくやりたくて
何か話そー
森本慎太郎
いいよー!何する?
遥嘉はるかあなた
んー……あ、大喜利する?笑
森本慎太郎
いいじゃん!やろ!笑
遥嘉はるかあなた
くやしいゲーム始めるよ~
森本慎太郎
oK~!
遥嘉はるかあなた
ノートを開いたら、空いているページがなかった!
しんはる)くやしい~!
森本慎太郎
ペンのインクが点々だった!
しんはる)くやしい~!
遥嘉はるかあなた
きょもがいつもより可愛かった!
しんはる)くやしい~!笑
森本慎太郎
なくした物を見つけた!
しんはる)くやしい~!笑笑
遥嘉はるかあなた
仕事が早く終わった!
しんはる)くやしい~!笑笑


























30分後…
遥嘉はるかあなた
ね、慎太郎ー
森本慎太郎
んー?
遥嘉はるかあなた
ツッコミいないから、つまんないって思うの私だけ?笑
森本慎太郎
俺も笑
樹とかでも呼ぶ?笑
遥嘉はるかあなた
そーしよ笑笑
森本慎太郎
もしもし、樹~?
今俺とあなたで電話してんだけどさ、ツッコむ人いないから何かツッコんでー?
田中樹
無理だよ!笑
ってか、俺ら目の前にいるのに電話使う必要ねぇじゃん!
しんはる)あはははっ!



















─結果─

お互いにボケが止まらない。
最終的に、ツッコむ人にヘルプする。