プリ小説
一覧へ

第1話

第一話 気になる彼は人気者
私は...。このどうしようもない気持ちが凄くもどかしい。

今まではこんな気持ち味わったこともなかった。

男子にも目も向けなかったのに。

彼だけは...。ほかのヤツとは違った。

高1の夏休み前。

私はふと学校のポスターが目に入った。

夏...祭り。夏休みの間にあるんだ。

私はふとそんなことを思っていた。

私は今まで友達ぐらいとしか祭りなんて行ったことがなかった。

でも今は私にもちゃんと好きな人がいた。

緑野旭と言う。

旭とは中学の頃からの付き合いだった。

その時は特に何ともなく何となく接していた。

きっかけは中学の体育祭だった。

旭はとても運動神経がいい。人柄もよく人にも懐かれる。

一般的にはクラスの人気者とも言うべきだろうか。

もちろん女子からも男子からも人気だった。

旭はただのクラスメイト...だからと私はなんとも思っていなかった。

ただあの日を境に私は旭が少しだけ気になる存在に変わっていった。

そう。あの日。あの時。旭がかっこよくて。ただのクラスメイトから私の気になる人...いや違う。私の好きな人に変わったあの瞬間を私は今まで忘れたことがなかった。

旭...。貴方は私のこの気持ちを知ったらどう思うかな。

今にもこの気持ちが心から溢れそうだよ。

貴方は私をどう思ってるかな...?

やっぱりただのクラスメイトかな...。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

林檎
入賞者バッジ
林檎
前にも書いていました。(同じ名前で) 恋愛小説など書くのが大好きです((( 「夏が終わるその時...君は...」で新人賞を頂きました。 どーぞよろしくお願いしますm(*_ _)m
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る