プリ小説
一覧へ

第6話

あとがきとご報告。
この度は、「夏が終わるその時...君は...」を読んでいただきありがとうございました。

プリ画の小説は前のアカウントでもやっていましたがコンテストに出したことがなく書くのにとても苦労しました。

今回のテーマが夏祭りということで夏真っ盛りのこの時期にピッタリのテーマだなと思います。

今回は主人公が結構サバサバした女の子だったのでかなりラストもまとめやすかったです。

緑野旭がかなりありがちな設定にしてしまい、ベタな恋愛ものになってしまいがちだったのが少し後悔でもあります。

それでも2人の微妙な距離感が書いてる自分が一番もどかしくて最終章あたりまですごくモヤモヤしてましたw

思春期から少し離れた高校生だからこそかける淡い話にしたいと思っていたので楽しんでいただけたら幸いです。

この小説が新人賞を取れたことに本当に感謝しています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

林檎
入賞者バッジ
林檎
前にも書いていました。(同じ名前で) 恋愛小説など書くのが大好きです((( 「夏が終わるその時...君は...」で新人賞を頂きました。 どーぞよろしくお願いしますm(*_ _)m
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る