第102話

BG〜身辺警護人〜
126
2022/07/07 17:19



〜次の日〜



田中奏生
愛美!!学校行くか
あなた
そうだね
そろそろ行こっか
木村拓哉
気をつけて
田中奏生
今日は何も言わないんだな
あなた
オーディションも終わったし
田中奏生
ひと段落ついたってことか
そういえば1週間後だな体育祭
あなた
1週間も無いよあと3日だよ
田中奏生
リレー頑張ろうな
あなた
優勝してね
田中奏生
愛美も頑張るんだからな
あなた
そうだね
田中奏生
なんか前の車怪しくない
あなた
そうかな?
田中奏生
誰かでてきた
あなた
そんな怖いことじゃないでしょ
???
あの金子愛美さんですか?
あなた
はい
そうです
???
少しお話が
田中奏生
大丈夫なのか?
あなた
大丈夫だよ
???
オーディションのことなんで少し場所を
変えたくて
あなた
わかりました
田中奏生
俺も行く
あなた
じゃあね、瞬
???
それでは行きましょう






プルルルr
木村拓哉
どうしたんだ
田中奏生
愛美がヤバそうな人について行った
木村拓哉
ヤバそうな人ってどんな人だ
田中奏生
ずっと俺らの前をゆっくり車で進んでて
裏道に入った瞬間車から出てきて
オーディションについて話があるって
木村拓哉
今どこだ
田中奏生
〇〇駅の近く
車の写真撮ったから送る
木村拓哉
大丈夫だからお前は学校に行け
田中奏生
でも愛美泣きそうだったから
木村拓哉
絶対に助け出す
田中奏生
わかった


〜倉庫〜



あなた
ここで父と合流するんだね
???
なんだわかってたのか
あなた
オーディションについては
マネージャーさんを通すから
お父さん
わかっててついてくるとは
お前もバカになったな
あなた
覚悟はキメてた
昨日の夜からずっと
お父さん
殺されるってことも
もうわかってるんだな
あなた
巻き込みたく無かったから
瞬も連れてこなかった
瞬のお父さんにも来ないように
お願いした
お父さん
さすが俺の子だな
そういえばオーディション
ヤラセらしいな
あなた
やっぱり知ってたんだね
お父さん
もう十分人生楽しんだか?
あなた
だから覚悟は決めたって言ってるでしょ
お父さん
お前お父さんに向かって
口ごたえするようになったのか
あなた
どうせ死ぬんだしね
思ってたこと全部言ってから
死にたいなと思って
お父さん
じゃあ最期なんだから全部言ってみろ
あなた
じゃあ言わせてもらう
お父さん
おう
あなた
お前のこと父親とか1思ったことないし
お母さんが居なくなってから
父親らしくしてたけど全く出来てなくて
急に本性出して何回も脅し出して
子供を脅すとかどうやって育てられたの
とか正直なところ思ってた
お父さん
お前な
あなた
全部言わせてよ!最期なんでしょ
お父さん
どうせ殺すんだもんな
あなた
何回もあんたの事殺そうかと思った
でもそうしたらあんたと同じになる
それは絶対に嫌だった、嫌なの!
いつか誰かが助けてくれるって
ずっと信じてた
お父さん
その誰かはいたのか
あなた
助けてくれたわけじゃないけど
その人のおかげで充分気持ちは救われた
本当の兄弟みたいで居心地良くて
あれっ何でだろう覚悟決めたはずなのに
涙が止まんない
お父さん
覚悟決めたんだろ
今日で本当に終わりだからな
あなた
わかってるって
誰よりも1番
お父さん
じゃあそろそろ殺るか
あなた
ンッ……
木村拓哉
終わらせませんよ
あなた
ど、どうしてここに
木村拓哉
瞬のおかげです
お父さん
お前何だよ
木村拓哉
愛美さんのボディガードです
お父さん
お前家出ていって
ボディガードなんか雇ってたのかよ
あなた
そうだよ
別にどうしようが私の勝手でしょ
お父さん
ボディガードがいようがいまいが
関係ない、お前を殺すだけだ
木村拓哉
逃げて
あなた
でも
木村拓哉
大丈夫ですから
早く逃げて





〜無事任務完了〜



あなた
本当にありがとうございました
木村拓哉
仕事ですから
田中奏生
そういえばオーディションはどうだった?
あなた
あれはねぇ〜
実は決まったんだ!
木村拓哉
出来レースじゃ無かったんですか?
あなた
そうだったんですけど
監督さんがやっぱり私がいいって
田中奏生
どんな役?
あなた
人間不信だった子が
本当の味方を見つけていく話かな
田中奏生
愛美ならまた有名になるんだろうな
あなた
だといいけど
木村拓哉
なんか瞬
愛美ちゃんの前だと優しいな
田中奏生
うっせー!
別にいつも通りだろ
木村拓哉
ふーん







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



お久しぶりです



長い間空いてしまいすみません



高校2年生になってから行きたい大学も決めて



部活でもいい成績を残すのがチームの目標で



より部活と勉強の両立しないと



いけない状態で私事ですが今後もこのような



更新ペースになってしまうかもしれません



ですが出来る限り早く更新出来るように頑張ります



今後ともよろしくお願いします



プリ小説オーディオドラマ