第2話

783
2021/07/12 12:08

あなたside




私の家は、お金に恵まれた幸せな家族だった。




あのお金持ちが集まる、黒華崎学園に入学することになった私は制服を見せてもらったり、新しいヘアアクセなども見ていた。




そんな幸せが崩れたのは、あっという間だった。





あなた!すまん!!……会社が倒産しちゃって……
……ごめんね、あなた。……貧乏になっちゃった
あなた
……黒華崎学園は、?…どうなるの?
その事なんだけど……
行けるには行けるんだ。…バレなければ
あなた
バレなければ、?…貧乏人なの?
ほんとにすまねぇ…
ごめんね、ほんとにごめん
あなた
……分かった。……頑張るよ。私
ほんと!?ありがとう〜!
あなた、ありがとう、!
あなた
…うん。ありがとう





……正直、不安でしかなかった。




バレなければなんて…そんなの、。





不可能に近いのに。……庶民狩りがいることなんて知れ渡ってる。

















朝、登校してる時のこと。


あなた
はぁ……辞めたい、、
そんなことを呟きながら、歩いていると、





"キキッーー"





あなた
きゃっ…!!
???
おい、危ねぇだろ。前見ろよ
???
あーあ、怒んないで
???
止めてよ。同い年でしょ?
???
皆、自由だなぁ……



車がいた。
あなた
あ、あのっ……すみません、!
???
ったく……これだから、クズは
???
言い過ぎだよ!……!
車の中から、人が出てくると私の前へ立った。
???
ほんとにごめんね?うちの奴がさ…?
???
あぁ…俺、
吉野北人
吉野北人
北人。吉野北人。よろしくね
あなた
え?あ、はいっ!
藤原樹
藤原樹
……藤原樹
吉野北人
吉野北人
樹〜喋ろよー!
藤原樹
藤原樹
……殴り倒す、、
吉野北人
吉野北人
ひっ……ごめんなさいッッ!
???
あーあ、樹さん怒らせたらダメでしょ、北人さん笑
???
あー、僕は
長谷川慎
長谷川慎
長谷川慎です。よろしくね
長谷川慎
長谷川慎
で…さっきから悪口しか言わないけど、
???
余計な一言は要らんねん。慎
長谷川慎
長谷川慎
ごめんなさい。壱馬さん
川村壱馬
川村壱馬
ったく、どいつもこいつも…
吉野北人
吉野北人
ほんとにごめんね!うちの壱馬がさ…
あなた
大丈夫です!ほんとにすみませんでした!それでは!
藤原樹
藤原樹
……変なやつ
吉野北人
吉野北人
……あの制服、黒華崎学園だよね?
長谷川慎
長谷川慎
はい。……かなりのお金持ちだったらしいですが……
川村壱馬
川村壱馬
なんだ?
長谷川慎
長谷川慎
……いえ。何でも。……そのうち分かりますよ
吉野北人
吉野北人
教えてよー!気になるじゃん、、








『いくら皆さんでもダメです。教えられません』






そう、慎は頑固として答えなかった。

















next story…

プリ小説オーディオドラマ