無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

3 _
272
2022/05/21 00:47








ジェミン
ジェミン
ふぁ〜…



昨日の事とイジェノの事が気になって全然眠ることが出来なかった。










なんだったのだろうか?…









僕の勘違いという説に賭けるしかない。









ロンジュン
ロンジュン
…ミナ〜?
ロンジュン
ロンジュン
ジェミナ!
ジェミン
ジェミン
わっ!
ロンジュン
ロンジュン
さっきからぼーっとしてどしたの?
ヘチャン
ヘチャン
寝不足じゃない?笑
ジェミン
ジェミン
ごめんごめん笑たぶん寝不足だ笑
















ロンジュン
ロンジュン
席どこ〜?
ジェミン
ジェミン
…俺ら近いじゃん笑
ヘチャン
ヘチャン
しゃっ!神〜!
ヘチャン
ヘチャン
…お!ジェノも近い!





え、イジェノも?







どこだ?



ジェミン
ジェミン
俺の前…




…まぁ嫌ではない、








決して嫌ではないけど、







なんだかモヤモヤする。








ロンジュン
ロンジュン
いいじゃん笑
ロンジュン
ロンジュン
ジェノいい奴だから仲良くしてやって〜
ジェミン
ジェミン
そ、そう?
ヘチャン
ヘチャン
ジェノと話し合いそうだし!
ジェミン
ジェミン
分かった…笑
ヘチャン
ヘチャン
お、噂をすれば!
ロンジュン
ロンジュン
ジェノアンニョン〜
ジェノ
ジェノ
おぉ!ロンジュナ!
ジェミン
ジェミン
、ジェノ…?






後ろを振り向くと入学式で見たあの目があった。







ジェノ
ジェノ
…ジェミナ?






あの日見た吸い込まれそうな目。








目を離そうにも言うことを聞かない。








ジェノ
ジェノ
💭綺麗な顔してるな…
ジェミン
ジェミン
ッ!どういう事…?
ジェノ
ジェノ
え?笑
ヘチャン
ヘチャン
…え〜とジェミナ、
ヘチャン
ヘチャン
ジェノ何も言ってないよ?
ジェミン
ジェミン
え、嘘…
ロンジュン
ロンジュン
寝不足で幻聴聞こえたんだな…
ロンジュン
ロンジュン
てかジェノなんでジェミナの名前知ってるの?
ジェミン
ジェミン
ロンジュナかヘチャンが教えたんじゃないの?
ヘチャン
ヘチャン
教えてないと思うけど?








てっきり教えたものだと思っていた。








じゃあなんで知ってるんだ?














ジェノ
ジェノ
なんでだろ?
ジェノ
ジェノ
俺にも分かんない
ロンジュン
ロンジュン
…まぁいいけどさ、笑
ロンジュン
ロンジュン
って、やばい!先生来る!
ヘチャン
ヘチャン
やば!座ろ!











さっき聞こえたんだ声はなんだったんだ?









それになんでイジェノは俺の名前を知ってる?











昨日よりも更に謎が深まってしまった。




































家に帰るまでに色々考えてみたが










結局何もわからずじまいだった。








もしかしたら調べたら何か分かるかもしれない…








そう思い立ち俺はスマホをで検索してみる事にした。





ジェミン
ジェミン
え〜と、…
ジェミン
ジェミン
ん?…この記事、









…世界に1人だけ自分の運命の人がいると言われている、












そんな運命の2人のことをブルームと言う。












ブルームは出会った瞬間激しく心臓が鼓動し、お互いの情報が脳に流れ込んでくる。









なお、お互いに触れると体温が上昇し心臓が激しく鼓動し、発情したような状態に陥ってしまう場合もあり、目を合わせると心が読めてしまう。












ただ例外に激しく体温が上がらず、発情状態までには至らない人もいるケースがごく稀にある。









ジェミン
ジェミン
俺が体験した事に似てる…
ジェミン
ジェミン
この記事によると俺が聞こえた声はイジェノの心の声だったってこなのか?












ジェミン
ジェミン
ってことは俺とイジェノは、
 
ジェミン
ジェミン
『ブルーム』…?






















next_
作者
作者
💗強制です🥺