プリ小説

第7話

次のターゲット。
ピリリリ・・・・・・


ん?電話か?・・・西園さん?どうしたんだ?

「もしもし」

『大変よ!!』


キーーーン


「っ・・・!!電話越しで急に大声で叫ぶなよ!」

『それどころじゃないの!』

「??・・・・・・どーした?」

『美咲が、行方不明になったの!!』

「え!?行方不明!?」

いつも何があっても怖いくらい冷静な西園さんがとても取り乱している。

『・・・多分あの、例の神隠しじゃないかしら?』

「っ・・・!!でも!誘拐されたのかも」

『私もそう思って警察には連絡してあるわ、』

「わかった、明日彩野さんの所に行こう。」

『私は、美咲のお母さんに連絡をもらってもう美咲の家にいるわ、今日はこのまま泊まらせてもらうことになったわ。』

「わかった。・・・ってか西園さんくらいの優等生でも学校をズル休みするんだね、」

『当たり前でしょう!?大切な友達が行方不明になってるのよ!?』

「まぁそうだよな、」

『じゃあもう切るわね。』


プープー


恐らく西園さんの言っていた通り次のターゲットに彩野さんはなってしまったのだろう。
まさか次のターゲットが彩野さんになってしまうとは・・・
偶然にしては、好都合すぎるよな、
まぁ。彩野さんには悪いがこれはいい機械だな!
明日。幽霊探偵部の力見せてやるよ!


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🌸Jun🌸
🌸Jun🌸
初心者です🌟 暖かい目で読んでいただけたら嬉しいです💦