プリ小説

第3話

🥀
あの時の笑顔がずっと頭から離れない










































席が隣だからずっとドキドキさせられてる























あなた
あなた
ん~...
シルク
シルク
どうした?
あなた
あなた
ここわかんなくって。
シルク
シルク
あーここは





そう言って体をこちらに寄せてくる






















包み込まれるような匂いと共に























手が触れる














もう心臓が何個あっても足りないくらい



















あなた
あなた
あ、ありがと......ね/////
シルク
シルク
いいえっ














◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌









休み時間














魅羅は優等生だからいつも仕事を頼まれてる























だからあまり中休みは話す暇がない


















少し仮眠を取っていると
マサイ
マサイ
なあなあっ!








何だこのハーフイケメンは( '-' )


















イケメンすぎだろ(((語彙力の無さ












シルクとは違って、



















凄くクールな顔立ちなのに
















可愛らしい笑顔で話しかけてくる
あなた
あなた
ん~誰?
マサイ
マサイ
俺、マサイ
あなた
あなた
シルクと同様、珍しい名前だ事
マサイ
マサイ
まあな。ハーフだしo(`・ω´・+o) ドヤァ…!
あなた
あなた
あ、やっぱりか
マサイ
マサイ
まあ顔でわかるよなw
あなた
あなた
わかるわw
マサイ
マサイ
じゃあ君の名前は?
あなた
あなた
私はあなた
マサイ
マサイ
ならあなたで!
あなた
あなた
即呼び捨てなのねw
マサイ
マサイ
そうだよっo(`・ω´・+o) ドヤァ…!
あなた
あなた
ドやらなくていいからwww









顔だけで見るとクールで












話しかけにくそうな人だけど














実際話すとすごく面白い人だった笑
あなた
あなた
それで、用件は?
マサイ
マサイ
あー、えっとさ







































































































あなたの好きな人はシルクだよね?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

Ayumi   サブ
Ayumi サブ
元、男性恐怖症の先輩を書いてた作者です♬︎♡ タブレットが修理に出してて..... データが戻ってこないかもしれません。 なのでしばらくの間こちらでします! 男性恐怖症の先輩は続きは出せないかもです💧 すみませんっ! 안녕✋ 여러분 Ayumi입니다🎶 K 조치 POP 걸 그룹을 좋아합니다😍 Fischer 's 소설을 주로 쓰고 있습니다! 실크와 마사이 미루어입니다 😊💕 많은 분들이보고 싶습니다 ✨ こんにちは( ˙ω˙👐 ) 皆さん Ayumiです! KーPOPの女性グループが好きです😍 Fischer'sの小説を主に書いてます! シルクとマサイ推しです😊💕 多くの人に見てもらいたいです✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る