無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,954
2020/11/07

第58話

守りプレゼント!*
あなたSide
〈イグニハイド寮〉
石川 (なまえ)
石川 あなた
どうしたんだい?イデア先輩
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
コレを渡しておきたくてね…
石川 (なまえ)
石川 あなた
此れは…?
渡されたのは1つの箱
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
僕が使ってる機械一式…
こっちがカメラで…
こっちが画面とタブレット…
で、こっちがキーボード…
箱から出てきたのはイデア先輩が使ってる機械の色違いだった

………助かる
石川 (なまえ)
石川 あなた
助かるね…此れは
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
カメラは音声でも操作できるよ
石川 (なまえ)
石川 あなた
ほう…
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
あ、で、此れはインカム
石川 (なまえ)
石川 あなた
通信機インカムもあるのか…
だいぶ移動が楽になるねェ
石川 (なまえ)
石川 あなた
最近色々任されているし…面倒事に巻き込まれているし…此れは助かる…
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
嗚呼、前回はリドル氏のオバブロ
その前は新入生達の問題ごとに巻き込まれて
今回は寮長会議に巻き込まれてたもんね
石川 (なまえ)
石川 あなた
本当だよ
幾ら前職が似たような物でも神経がすり減るって
それに森さんから「殺してでもオーバーブロットを止めろ」って命令されたからねェ…
本当に…私をなんだと思っているのか…
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
__________でしょ?
石川 (なまえ)
石川 あなた
嗚呼…そうだった…
ヨコハマの平和と秩序の為に汚れ仕事でもやる……とは言ったってねェ限度があるだろう?
何でここでも殺しをしなければならないんだ…
まァヨコハマに影響が或るのなら…

殺しをしてでも守らなければならないのが私の仕事だからねェ…

探偵社も知らない私の呼び名

なるべく使いたくはないが…

まァ仕方無い……

ここにいる限り…

守る方法はこれしか無いのだからねェ…
石川 (なまえ)
石川 あなた
はぁ…
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
お疲れあなた氏
石川 (なまえ)
石川 あなた
探偵社の仕事がしたいよ…
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
流石ワーカホリック…願いが違いますなぁw
石川 (なまえ)
石川 あなた
この年で仕事中毒者なのは如何なのかねェ…
全く…
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
まァ将来役立ちそうだけどね
石川 (なまえ)
石川 あなた
そうだね…
さて、そろそろ帰るよ…
ユウ君たちが何かに巻き込まれそうだから
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
じゃあ送るよ
石川 (なまえ)
石川 あなた
ありがとうイデア先輩
イデア・シュラウド
イデア・シュラウド
どういたしまして
To Be Continued▹▸