無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,277
2020/10/06

第52話

最低トゥデイ!
書き方多分変わります

大食堂Cafeteria
《あなたside》
グリム
グリム
どうだ見たか、オレ様の力を!このデラックスメンチカツサンドのラストワンはオレ様のものだあ!
何やっているんだいあの子は…面倒くさいねぇ
グリム
グリム
ニャッ葉っぱ!あと焼きそばパンとクリームパンもオレ様のものなんだゾ〜〜!
デュース・スペード
デュース・スペード
こらグリム、いい加減にしろ!
スンマセン先輩がた!
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あ、おじさん。オレはローストビーフとレタスの窯焼きサンドひとつね♪
デュース・スペード
デュース・スペード
お前もちゃっかり割り込んでるんじゃない!
ユウ
ユウ
エース…グリム…なにしてんの…
石川 (なまえ)
石川 あなた
自由奔放って感じだねェ
ユウ
ユウ
自由すぎじゃない?
そんなとき後ろから声が聞こえた
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
あっちゃ〜。
昼飯争奪戦、完全に出遅れちゃったッスね。
石川 (なまえ)
石川 あなた
ブッチ先輩
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
久しぶりッスあなたさん。
石川 (なまえ)
石川 あなた
久しぶりですね。
何故ここへ?
なるべく人には関わりたく無いんだが…
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
レオナさんに昼飯買ってくんの頼まれてたんッスよ。
あ、デラックスメンチカツサンドもう売り切れてるじゃないスか。
ユウ
ユウ
グリムが買ってましたね。
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
グリム?
石川 (なまえ)
石川 あなた
あそこの黒い猫ですよ。
グリム
グリム
にゃっはっは!!
勝利の味、とくと味わわせてもらうんだゾ!
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
ああ…なるほど
そう言うとブッチ先輩はグリムに近付いていった
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
おっ。そこの君。すごいッスねぇ。超人気のデラックスメンチカツサンド、ゲットできたんスか。
グリム
グリム
あん?
なんなんだゾ、オマエ。
2人の会話が聞こえる
ブッチ先輩が交渉を始めた
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
あのさ、オレ、今日ど〜してもそのパン買わないといけないんスけど、直前で売り切れちゃって。
そこで相談なんスけどこっちのミニあんパンとそっちのデラックスメンチカツサンド、交換してくれないスか?
グリム
グリム
はぁ!?絶対に嫌なんだゾ!
当たり前だろう…
グリムは食欲だけは凄いのだから
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
まぁまぁ、そう言わずに。
………はいっ、どーぞ♪
そう言うとグリムは少しずつブッチ先輩に近づいていった
グリム
グリム
ふなっ!?なんだコレ!?
前足が勝手に………
……手じゃないんだね
ユウ
ユウ
あの食い意地が張ってるるグリムミニとデラックスを交換なんて!?
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
はい、交渉成立。シシシッ♪
いやー、優しいヤツが交換してくれて助かったッス!
そのミニあんパンもめーっちゃ美味いッスから。
小さいのが玉に瑕だけどね。
聞こえているのだけど…確かに小さいねェ
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
ってわけで、あなたさん借りるッスよ!ばいばーい!
石川 (なまえ)
石川 あなた
………え
ユウ
ユウ
……………は?
ユウ
ユウ
あなた!?!?!?
石川 (なまえ)
石川 あなた
あ〜…後で会おうね
───────  

────

………ここは…夢の中?
何か…忘れている?
何だったっけ…
何か…大切な事を…忘れてる
まだマフィアにいたときの…何か…
 植物園 ー 温帯ゾーンBotanical  Garden  - Temperate  Zone
石川 (なまえ)
石川 あなた
………ン
レオナ・キングスカラー
レオナ・キングスカラー
やっとお目覚めか?
石川 (なまえ)
石川 あなた
………キングスカラー先輩

………あ、授業
レオナ・キングスカラー
レオナ・キングスカラー
ラギーに体調が悪いってことにして伝えさせた
石川 (なまえ)
石川 あなた
体調が悪い?
レオナ・キングスカラー
レオナ・キングスカラー
隈出来てんだよ
石川 (なまえ)
石川 あなた
……気が付かなかった
レオナ・キングスカラー
レオナ・キングスカラー
放課後まで枕になってもらう
そう言ってキングスカラー先輩は私を抱きしめて寝た
……せめて背中から抱き締めてくれ
こ真正面か来られるのは困る
尻尾が私の足に絡まる
そして私の意識はまた…落ちていった
To Be Continued▹▸