無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

卒業式の帰り道
卒業式
終わりの帰り道

ポケカメン
ポケカメン
ねぇあなた一緒に帰ろ
あなた
あなた
うんいいよ
ポケカメン
ポケカメン
あのさ、ちょっと言いたいことがあるんだけどいい?



あなた
あなた
うんいいよどうしたの?そんなにかしこまって
ポケカメン
ポケカメン
えっと

俺...

中一からお前のことが好きだった
もちろん恋愛的な意味で、、、
最初はただの幼なじみだと思ってたのにいつの間にか、1人の女として見るようになった

こんな俺だけど付き合って貰えますか?

ダイエットとか、出来ることはあなたのためになんでもする
あなた
あなた
(´TωT`)
ポケカメン
ポケカメン
えっ?えっ?ご、ごめん
あなた
あなた
うっ、グズ



...



知ってた




全部知ってた




清水が私のことを好きなことも



私の事を1人の女の子として見てることも




今まで、伝えてくれた好きが幼なじみとしてじゃないことも






そして...








私が、清水のことを好きなことも





全部全部知ってた


あなた
あなた
うっ(。•́ωก̀。)…グス



ありがとう清水




私も清水が大好き




もちろん1人の男の子として
ポケカメン
ポケカメン
うん、ありがとう
良かった

(´。-ω(-ω-。`)ギュッ♡


卒業式が終わったその日の帰り道には

2人の影が照らされていた
__________________________________
作者でございます〜
作者でございます〜
はい!え〜リクエストありがとうございました!下手ですみません


えーと次はなーくんで行きます


お気に入り登録、ハートそしていつも見てくださってありがとうございます