無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

夜に駆ける歌ってみた
あなた
あなた
よーし!
動画撮るか!
夜に駆ける/YOASOBI
ビタミン
ビタミン
沈むように溶けてゆくように
2人だけの空が広がる夜に
「さよなら」だけだったその一言で全てがわかった日が沈み出した空と君の姿フェンス越しに重なってた
初めてあった日から僕の心の全てを奪ったどこか儚い空気をまとう君は寂しい目をしていたんだいつだってチックタックとなる世界で何度だってさ触れる心無い言葉うるさい声に涙が零れそうでもありきたりな喜びきっと2人なら見つけられる
騒がしい日々に笑えない君に思いつく限り眩しい明日を開けない夜に落ちてゆく前に僕の手を掴んでほら
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も抱きしめた温もりで溶かすから怖くないよいつか日が昇るまで2人でいよう
スマン、、、書くのめんどくなったからここまで書くわ
ビタミン
ビタミン
はぁ〜OK!
あなた
あなた
よーし編集するか
てか、もう少し機材増やしたい‪wネットで買うか
あなた
あなた
てか、編集せな
あなた
あなた
編集終わり!
あなた
あなた
アップ
あなた
あなた
よーし!寝よ!
もう、眠過ぎて頭おかしくなったわ
あっ!元からだった
__________________________________
作者でございます〜
作者でございます〜
いやー頑張った!小説作っててこんな頑張ったことない