無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

打ち合わせ前に休息を
マネージャー
失礼します
おはようございます
木村良平
おはよう、、ってあなたどうしたんですか!?
マネージャー
実は今日学校で、、、
学校での事を説明中
㌧㌧
梅原裕一郎
おはようございます
西山宏太朗
おはようございまーす
マネージャー
あ、おはようございます
梅原裕一郎
どうしたんですか?
マネージャー
えーと、
浪川大輔
おはようございますっ
江口拓也
おっはよーごさいまーす!!
代永翼
おはようございます
江口くんうるさい
江口拓也
酷いですよォォォォ!
斉藤壮馬
おはようございます
石川界人
おはようございます〜
浪川大輔
待って、何この状況
江口拓也
えぇ、なんであなた泣いてんの?!
マネージャー
説明しますね
木村さん、最初からになりますけどいいですか?
木村良平
全然大丈夫だよ
マネージャー
すみません、ありがとうございます
今日あなたは学校に行ったんですがそこで、、、
〜今日の事を説明中〜
マネージャー
っていうのをあなたの友達から聞いて
代永翼
そっかぁ、それで不安になっちゃったんだね?
あなた
あなた
、、はぃ、グスッ
代永翼
あなたの今の気持ち聞かせてくれる?
あなた
あなた
、はい、
代永翼
ゆっくりでいいよ
あなたは一呼吸置いてから話し始めた
あなた
あなた
、、私は何もわからない状態でこの現場に来て、すごく緊張していて、何度もリテイク出して、でもその度に皆さんが付き合ってくれて、すごく嬉しかったです。
でも、今日先生にあなたみたいな素人がいても迷惑をかけるだけ、そんなんじゃ一緒に仕事してる人に迷惑だから辞めてしまったらどうだ、と言われた時すごく怖くなりました、私は皆さんに迷惑をかけていて、邪魔な存在なんじゃないかって、、、私なんかより他のベテランの声優さんがやった方が作品が盛り上がるんじゃないかとか色々かんがえてしまって、、、私は、皆さんにとって邪魔な存在でしょうか、、?何もわからない新人は迷惑でしょうか、?
私が考えてもわかりません、なので皆さんが思ってる事を聞かせてください、、、グスッ
話し終わりあなたがゆっくり顔を上げると、そこには目に涙を貯めている先輩、あきらかに怒っている先輩の姿があった
あなた
あなた
、、、ぁ、あの、
浪川大輔
ごめん、、なんかそれ聞いてたら悲しくなっちゃって、、、
木村良平
俺その逆だわ
他の人は言葉を発さなかった
浪川大輔
俺がこんな事言ってもなって思うけど、あなたはまだ新人だし、これが現場初めてでしかも主役、俺らは仕事でのあなたしか見ることができないけど、すごく努力してる姿をみてる、多分家でもすごく努力してるんだと思う、じゃなかったらあんなにいい演技はできない、その努力を知りもしないで馬鹿にするのは最低な人間のする事、この現場、そしてこの業界にはそんな人はいない、だってほんとんどの人が同じ用な努力や苦労をしてる、
浪川大輔
だから、あなたは邪魔でもないし、迷惑でもない
だから自信を持ってこの現場に来て欲しいな
木村良平
浪川さんの言う通り、、あなたには自信もって欲しい、それとまたこんな事があったら俺たちに言って?直ぐに助けに行くから
あなた
あなた
はい・・・グス
すみません·····
代永翼
ほら!そんなに悲しそうな顔してないで!
こういう時は「ありがとう」でしょ?
あなた
あなた
!!
ありがとうございます····!
代永翼
よし!!
浪川大輔
じゃあ打ち合わせ始めるよ!!
全員
はい!!