無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

映画編②
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ふぅ…
振り回しちゃってごめんね💦
あなた
あなた
全然大丈夫です!
私こそ…すみません
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
あなたさんが謝ることじゃありません!
でも、映画、見たかったですね…
あなた
あなた
はい…
たまに出てくるタメ口、呼び捨て、
全て私の胸に刻まれている。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ねえ、よかったらさ…///
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
俺んち、来ない…?///
あなた
あなた
え…///
あなた
あなた
行きたい…です///
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
おっけ///
じゃあ、ここから車で30分くらいだから、乗って
あなた
あなた
え…///
分かりました
はじめが運転する車に、乗ることになった…
だめ、心臓がもたないって///
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
たまたま、本当たまたまね?
この辺に今日用事あって、車忘れて来ちゃったのw
だからこっち来てー
あなた
あなた
分かりました!
きゃっ!?
私はつまづいてしまった
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
危ないっ
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
(ぎゅっ
あなた
あなた
あ…///
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
っ///
あなた
あなた
はじめ、ごめんなさい…💦💦
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
………
え…?怒っちゃった…?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
早く、車乗って