無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

学校
裕也
裕也
おっはー!
最近あなた疲れてる?
元気ないからなかなか話しかけられなかったんだけど
あなた
あなた
おはよう、
最近寝不足で…
裕也
裕也
また勉強ばっかやってたのか??
もうやめようぜ、俺なんか全くやってないぞw
あなた
あなた
ちょっとね…
勉強なんかやってない。
裕也は勘違いをしている。私が偽っている…?
みんな、私の本当のことを知らないで
表面だけを見てる。
里奈
里奈
おはよう!
わ!あなた、目にくまが出来てるよ!?
裕也
裕也
だよなー!!お前、将来何になろうとしてるんだよ……
里奈
里奈
勉強もいいけど、息抜きも大切ね!
私は息抜きしかしてないけどw
裕也
裕也
俺もw
あなた
あなた
www
大丈夫よー、死なないからw
目指しているもの。私には、「彼」に会ってみたいという夢(憧れ)しかない。
あなた
あなた
始業時刻まで、英語の勉強するから、
ここでばいばい!
裕也
裕也
おん!頑張れよー
里奈
里奈
私もやるかー
教室に入る。
そこでは、クラスの陽キャと呼ばれる人たちが大声で話している。
でも、彼の話は出てこない。
あなた
あなた
彼に、レターを送ってみようかな
まだ出会って1週間。
なのに、私はもう彼のことしか考えられなくなっていた。
あなた
あなた
はじめしゃちょー様
いつも、あなたの動画を楽しみにしています。
あんな動画やこんな動画、沢山見させてもらいました。
私に勇気と楽しみを与えてくれてありがとうございます、応援しています!
あなた
あなた
こんな感じでいっか!
自分の住所、名前を書く。
そして、UUUMの住所と、
はじめしゃちょー様
と書いた。
あなた
あなた
これで届くはず。