無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

178
2021/08/07

第4話

#4
タケミッチ)あの、、なんで俺のことなんか気
      に入ったんすか?



マイキーを後ろにのせ、自転車を漕ぐタケミッチ。

あなたはドラケンの後ろ


マイキー)くっだらねぇ質問




タケミッチ)すみません、




マイキー)俺10個上の兄貴がいてさ。もう死んじゃったんだけどね。




タケミッチ)え、?




マイキー)無鉄砲な人でさ自分より強え相手に
     平気で喧嘩挑んで




タケミッチ)へ、へぇ、カッコいい人だったん
      すね。




あなた)タケミッチ、真一郎くんに似てる。




タケミッチ)へ?




マイキー)だな、。




タケミッチ)そんなかっこよくねぇすよ
      どこをどう見たら




マイキー)確かにタケミッチみたいにダサくね
     ぇな




タケミッチ)それはひどいっす




マイキー)今は不良がダセェって言われる時代
     だろ?
     兄貴の世代はさこの辺りにもすっげ
     ー数の暴走族がいてさ、そのへんを
     カッチョンコールならして走って
     た。
     みんな肩肘はってさ、喧嘩ばっかし
     て。
     でも自分のケツは自分でふいて。
     そんな奴らがなんでだせぇんだ。
     だから俺が不良の時代を作る。
     お前もついてこいよ。花垣武道。
     俺はお前が気に入った。




あなた)喧嘩の強いやつなんていっぱいる
     よ。





ドラケン)でもな。譲れねぇもんのためならど
     んなやつにも楯つける。
     お前みたいなやつはそういねぇ。




あなた)考えといてね!タケミッチ!




タケミッチ)はい!