無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

💭
あなたside





誰か入ってきたと思ったらててちゃんらしき人が見えた。









顔をあげるとててちゃんが居て目が合った。






.
V
V
っ?!
you
you
ててちゃん、?
見られてしまった。すびんくんと抱き合っているところを。





.
V
V
ごめんっ






そう言うとててちゃんは走っていった。




.
you
you
ててちゃっ
がしっ









私が追いかけようとするとすびんくんに手を掴まれた




.
すびん
すびん
行かないでくださいよっ




.
断るのはすごく心が痛い。









すびんくんを傷つけてしまうことは分かっている。









それでも今ててちゃんと仲直りしなければもう私たちは離れ離れになってしまうと私は思った




.
you
you
ごめんっ




ててちゃんを追いかけた。









ててちゃんが今どんな気持ちだろうと私はテテちゃんに謝りたい、!!









ててちゃんと離れたくないっ










その一心で走り続けた。









you
you
いた、!




やっと見つけた、





you
you
ててちゃんっ






.
ぎゅ
V
V
っ
you
you
ごめんなさいっ。ごめんなさいっ。
you
you
あんなことしてごめんなさい。
you
you
さっきのは私からしたんじゃない、
you
you
ずっと、ずっとあいたかったっ。(泣)
you
you
毎日ひたすら泣いて、仲直りできるか心配でっ






ぎゅ





you
you
、え?





その瞬間いつもの香りで包まれた。






you
you
ててちゃんっ(泣)
V
V
ごめんな、(泣)
V
V
俺はお前の気持ちなんか考えてなかったな、
V
V
お前ばっか傷つけてごめん、
V
V
俺もあいたかった。ずっとずっとお前のことばっか考えてて。もう仲直り出来ないかと思ってた。






.


今まで人前で我慢していた涙が溢れ出てきた。








でもそれをててちゃんが手で拭いてくれて、









ててちゃんが今私の顔に触れていることが信じられなかった。




.
you
you
ううっ。(泣)
V
V
ごめんな、



ずっとハグしたまま背中をさすってくれるててちゃん。






.
you
you
ててちゃんっ。
V
V
?




ちゅ
V
V
?!
you
you
へへっ。
V
V
あぁ。もうこの1ヶ月でどんだけ可愛くなったんだよ。
V
V
これを他の男に見せてたのか。




そう言ってまたハグしてくれる。










やっと仲直りできたことの安心で涙が止まらなかったから泣き止むまでずっと横に居てくれたててちゃん、




.
V
V
落ち着いた、?
you
you
うん、!
you
you
明日目腫れちゃうかも
V
V
あぁー!俺のせいだぁ!
you
you
ててちゃんのせいじゃないって、!
V
V
だってお前も嫉妬してくれてたのに俺はあんなこと言っちゃったから、!
you
you
...







ん、?今はてーくんは何をおっしゃいましたか?
V
V
どうした、?
you
you
...
you
you
今私がずっと嫉妬してたって言った?
V
V
うん、
you
you
誰から聞いたの、?
V
V
ぐくとじみん
you
you
あやつらめぇ
you
you
許せないぃぃ
V
V
ちょっ。あなたどうした、?(笑)



笑ってる場合じゃないんですよ。









あんだけててちゃんだけには言うなって言ったのに!







V
V
ま、まぁ。あいつらのおかげで仲直りできたってゆうのもあるし、な?
you
you
ちぇー。分かったよぉ









"仲直りはできたがバトルは終わっていない”







.
すびん
すびん
早く俺のところ来ればいいのに。
________
うぬ
うぬ
仲直りしてもらっちゃ困るなぁ。