無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

💭
you
you
ててちゃんっ
Th
Th
おはよ
you
you
昨日はほんとにさなちゃんと帰ったの
↑見てわかる通りよしよし中ね
you
you
信じてくれるっ?
Th
Th
あなたのこと信じないわけないでしょ
Th
Th
でも、なんか男の匂い。
you
you
んんっ




ててちゃんに唇を奪われる
you
you
/////
Th
Th
あなたは僕のだからね。
you
you
、うんっ
_____


どんっ
you
you
..った
うぬ
うぬ
大丈夫?!
うぬ
うぬ
ごめんね。
you
you
こちらこそすいませんっ
うぬ
うぬ
あなたちゃん?
you
you
あ、はい。
うぬ
うぬ
昨日あったけど覚えてる?
you
you
もちろん覚えてます!
うぬ
うぬ
良かった。
you
you
では失礼します。
うぬ
うぬ
うん。またね😊




....さっきからものすごく視線を感じる。










移動教室なのにててちゃんがトイレ行くって言うから先にいったのに。











遅いなぁ。
Th
Th
じー( ⚭-⚭)
you
you
んぇ?、
あの視線はててちゃんだったのかな?
Th
Th
だれ。
you
you
?
Th
Th
あの人。
you
you
先輩?
Th
Th
知ってんの?
you
you
うん....
Th
Th
いつ知り合ったの?
you
you
えっと、
Th
Th
言えないの?
you
you
...
Th
Th
ならいいや。先行っとくね。
you
you
あぁ!ちょっと待って、
Th
Th
なに。言えないんでしょ?無理に言わなくていいよ。
you
you
き、昨日!
Th
Th
...は?
you
you
図書室いったら居た...
V
V
昨日は男と喋ってないって言ってたのどことだれ?
you
you
私、です。
V
V
はぁ。
you
you
ごめん、
V
V
お前俺に嘘ついていいとおもってんの?
you
you
そういう訳じゃ....
V
V
もういい。
you
you
あ、


怒らせちゃった