無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
あなた

何をしたらいいんですか?

北人
北人
ん?恋の相談係!
あなた

でも、私貴方のこと知らないですけど

北人
北人
俺には自分の事があんまり知らない人に相談した方がいいんだ。
あなた

そうなんですか(不思議な人だなぁ)

北人
北人
早速いいかな?
あなた

あ、?どうぞ、、

-あなた-
北人
北人
あのね、
君は真剣な顔して言った
北人
北人
俺には楓っていう好きな人がいるんだ。
でも、その子には彼氏がいて、しかもその彼氏が俺の幼馴染の壱馬なんだ。壱馬は小さい頃からずっといて、
北人
北人
だから、!こんな恋したらダメなのにしてしまって"つらい"(泣)
あなた

〈ギュッ〉
したらダメな恋なんて無いよ…

北人
北人
…え?
あなた

え、っとぉ、あのごめん、ハグなんかしちゃって

北人
北人
大丈夫、ありがとッ〈ニコッ〉
あなた

〈ドキッ〉じゃあ、また今度、

あれ、?さっきドキッってした ?