無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話
-あなた-
ゆずが言ったとこから北人君と話すのが恥ずかしなった、
もしかして、私ほくと君のことがすきなの?
いや、でも自分はただの北人君の相談係なんだ。

また、北人君を待っていると、
壱馬
壱馬
あ、あなたちゃん
あなた

あ、ぇっとぉ…壱馬くん!…ですよね?

壱馬
壱馬
そうだよ~!
あなた

何してるんですか??

壱馬
壱馬
えっとねー、大事な人を待っているんだ
あなた

あ、そうn

あ、やばい!
北人
北人
あなたちゃん~!!
…あ、壱馬、
あなた

ほ、北人君!今日は違うとこで話そうか!

壱馬
壱馬
??
北人
北人
そ、そうだね!
あなた

じゃあまた!壱馬くん!

壱馬
壱馬
あ、うん