無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

128
2021/07/01

第6話

二章赤いダルマ
グサッ…グサッ…何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も…腕に刺さって痛い!痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い…助けて…🧡くん🧡くん🧡くん🧡くん…
♥くん
♥くん
あがっ…ああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁ
ボス
ボス
ふふふふふ…最高だよ〜♥くん。なんで逃げるの?まだ片腕を刺しただけだよ?逃げないでよ〜
俺の髪の毛を掴んで引っ張る。痛い…怖い…やだ…助けて…死にたくない…恐怖で涙が止まらない…叫んでいるけど…いつの間にかもう…感覚がなくなってきた。
♥くん
♥くん
(ごめんね…🧡くん。おっ俺…もうダメだ…約束果たせなくて…ごめんね…最後くらい…🧡くんと💜くんに会いたかったな…)
ボス
ボス
アハハハハハハ!
俺の人生は…こんな人に壊されるの…ただ…🧡くんたちと一緒に過ごしていただけなのに…💜くんは攫われて俺は殺される。🧡くん…俺の分まで生きて…必ず…💜くんを…

意識を失いかけた時ドアが開いた。
ボス
ボス
ふふふふふ…遅かったな。🧡くん?
🧡くん
🧡くん
お前!許さん!殺してやる!
組織のアサシン
組織のアサシン
ここは逃げてください!私が相手になります。
🧡くん
🧡くん
待て!
ボス
ボス
俺をおう余裕があるのか?♥くんのこと助けなくていいのかな?
🧡くん
🧡くん
っ!!♥!
♥のことを確認しファントムのボスを見たがもう既に逃げられていた。
組織のアサシン
組織のアサシン
よそ見はするなんて馬鹿ですね。
💗くん
💗くん
いいや〜バカはお前だ。
組織のアサシン
組織のアサシン
なっ何!うぐ…
アサシンをしとめ🧡は♥の元へ駆け寄った。
🧡くん
🧡くん
♥!助けるのが遅くなってすまんかった!今…助けて…
♥くん
♥くん
🧡くん…聞いて…欲しいことがあるの。
🧡くん
🧡くん
そんなの後でいくらでも聞くから今は!
♥くん
♥くん
聞いて…俺はもう…助からない。わかるんだ。だって…こんな体じゃ…片腕しかない俺は…出血も酷い。助からないよ。俺はいいから…💜くんを助けて…復讐でもいい…🧡くんは🧡君だから。
🧡くん
🧡くん
♥…知って。そんなの…嫌や!俺は💜くんを助けて♥と一緒にまた…
♥くん
♥くん
ごめんね…🧡くん…約束…果たせそうにないんだ。俺もできることなら…💜くんに会いたかった…
🧡くん
🧡くん
なら!
♥くん
♥くん
🧡くんが終わらせて欲しい。もう…俺みたいに犠牲になって欲しく…ないんだ。だから…頼んだよ…💗くん、💛くん、💙ちゃん…どうか🧡くんをお願い。
💗くん
💗くん
♥…
その時インカムから叫び声がした。
💛くん
💛くん
大変です!至急そこから離れてください!ここの建物はなんか敵は全員倒したのですが爆弾を使われてあと数秒で爆発します!早く逃げてください!
💗くん
💗くん
まずいぞ!早くここから逃げないと!
あちこち建物が揺れ始めた。🧡は泣きながら♥を連れていこうとしている。
♥くん
♥くん
お願い…🧡くん…行って…俺はいいから…
🧡くん
🧡くん
嫌や!♥を置いてなんか行けない!
💗くん
💗くん
っち!🧡…ごめんな。行くぞ!♥…
♥くん
♥くん
ありがとう…💗くん。
🧡くん
🧡くん
おい!💗!何してるんや!降ろせ!まだ♥が!嫌や!♥ーーー!
🧡を担いた💗は泣きながら走り去り担がれた🧡は泣いて手を伸ばしていた。
♥くん
♥くん
ごめんね…🧡くん…俺にも伸ばせる手があればよかったな…お願い…みんな…生きて…生き延びて…………
涙が止まらなかった。嬉しいはずなのに…1人は寂しいな…
♥くん
♥くん
行かないで…俺も…一緒に…連れてって…死にたくな…💜くん…に最後くらい会いたかったのにな…
💗たちは外に出ると建物が崩れてしまった。
💛くん
💛くん
良かった!皆無事で…♥は?
💙くん
💙くん
まさか!
🧡くん
🧡くん
……なんでや!なんで♥を!置いてきたんや…なんで!
💗くん
💗くん
まだ分からないのかよ!
胸ぐらをつかみ泣き叫ぶ🧡に💗は殴り叫んだ。
💗くん
💗くん
俺だって…♥を助けたかった!でもあの状況では例え出れたとしても♥は助からず死んでいたんだ!どの道死んでたんだよ!あれは…あいつの意思だ!あいつは死ぬ最後にお前に生きて欲しいからそう言ったに決まってるだろ!
🧡くん
🧡くん
…………💗ごめん。俺は…
💗くん
💗くん
俺も……殴って悪かった。
🧡くん
🧡くん
いつもそうや…俺は遅すぎたんや…何も出来ず、助けられず、💜くんや♥を失いかけ本当に♥を失った。俺の責任や…だからこそ…ファントムを許さない!
結局はあちこち探したが♥の死体は見つからず死体があるであろう瓦礫の傍から♥のペンダントが落ちていて大方潰されたことによる圧死であるだろう。
🧡くん
🧡くん
俺は…もう…負けない!
基地に戻り♥の遺影に向かって🧡はそう言った。
ーーー
ボス
ボス
どうだい?この映像…よく撮れてるよね〜💜くん?
💜くん
💜くん
ひっ酷い!♥くん…そんな…うっうっ…うっうっ…
ボス
ボス
泣かないで💜くん。
💜くん
💜くん
ビクッ!:(ˊ◦ω◦ˋ):やめてください…触らないで…
ボス
ボス
連れないな〜でもいいや〜。じゃあね💜くん!
💜の髪を撫でたあとファントムのボスは出ていった。

💜は震えて泣くことしか出来なかった。
💜くん
💜くん
♥くん…🧡くん…会いたいよ…