無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

夏油くんの悩み
(なまえ)
あなた
(今日は硝子と五条くんが居ないから夏油くんと2人か…)
(なまえ)
あなた
(あんまり夏油くんと2人で話したことないんだよな…)
夏油傑
夏油傑
初めてだね。2人で話すのは
(なまえ)
あなた
うん。そうだね
少し沈黙が続く。
夏油傑
夏油傑
あなたの名前はさ…(同時)
(なまえ)
あなた
あのさ…(同時)
夏油傑
夏油傑
…あなたの名前からでいいよ
(なまえ)
あなた
うん。夏油くんさ…この前言ってたよね…『最強2人でいいんじゃない』って…それがなんか引っかかったんだよね…
夏油傑
夏油傑
…私は時々思うんだよ。悟ばかりが強くなっていって…いつか置いていかれるんじゃないかって… 
(なまえ)
あなた
夏油傑
夏油傑
私は悟の隣に相応しくないのでは…私よりあなたの名前の方が悟の隣に相応しいのでは…と思ってしまうんだよね…
(なまえ)
あなた
…五条くんは今でも2人で最強って思っているよ
夏油傑
夏油傑
えっ?…
(なまえ)
あなた
見てればわかるよ。五条くんは夏油くんのことを凄く信頼しているよ
夏油傑
夏油傑
(なまえ)
あなた
置いていかれるのが嫌だったら夏油くんが五条くんに追いつけばいいんだよ
夏油傑
夏油傑
…!そうだね
(なまえ)
あなた
夏油くん?何か話したいことがあったんじゃない?
夏油傑
夏油傑
…あなたの名前はどうして呪術師をしているんだい?
(なまえ)
あなた
…えっ?
夏油傑
夏油傑
私は時々自分が何故呪術師をしているのかわからなくなるんだ…
(なまえ)
あなた
う~ん…それしか私に生きる意味がなかったからかな
夏油傑
夏油傑
『生きる意味?』
(なまえ)
あなた
うん。夏油くんも知っていると思うけど…私に昔からいじめられていたんだよね…
夏油傑
夏油傑
(なまえ)
あなた
それでさ、言われたんだ。『お前なんて生きている意味がない』って…
夏油傑
夏油傑
…そうか。それで…
(なまえ)
あなた
うん。後は…ある人との約束を叶えるため
夏油傑
夏油傑
『ある人との約束?』
(なまえ)
あなた
あなたの名前は黙っていた。
夏油傑
夏油傑
答えてくれないのかい?
(なまえ)
あなた
…うん。いつか皆に話すよ
夏油傑
夏油傑
…わかった
(なまえ)
あなた
それが理由だったね
夏油傑
夏油傑
…『だった?』
(なまえ)
あなた
今はね… 仲間のためだよ
夏油傑
夏油傑
それって私たちのことかい?
(なまえ)
あなた
うん。私は高専に入って、大切な人たちができた。今はその人達を守るために呪術師を続ける。呪霊を祓うのは人より力を受けた責務だと思ってる
夏油傑
夏油傑
… 私はこの世から呪霊が消えればいいと思っているよ
(なまえ)
あなた
この世から呪霊が消えたって、変わんないよ。この世界は
夏油傑
夏油傑
…何故だい?
(なまえ)
あなた
人間による殺人だって呪霊による死だって、結局人間のせいで人間が死ぬんだったらどっちも変わらないよ。それだったら非術師を消すより自分が沢山の人を救えるくらい強くなる方がずっと早い、とは思う
夏油傑
夏油傑
傑は俯いた。
(なまえ)
あなた
…でもさ、理由は要らないんじゃない?
夏油傑
夏油傑
…!
(なまえ)
あなた
生まれ持った力を活かすのが呪術師。呪術師は呪霊と戦う。難しい理由って本当に必要なのかな?
(なまえ)
あなた
夏油くんは夏油くんらしく何のために呪術師をやっているのか理由を見つければいいとおもうよ
夏油傑
夏油傑
フフッ…そうだね。ありがとう。あなたの名前に聞いて正解だったよ
(なまえ)
あなた
良かった…でも、まだ悩んでいるんでしょ?
夏油傑
夏油傑
ハハッ…あなたの名前は凄いね…私の考えることがわかっているようだ
夏油傑
夏油傑
そうだね。まだ悩んでいるよ…
(なまえ)
あなた
ゆっくりでいいと思うよ。また相談にも乗るし
夏油傑
夏油傑
そうしようかな
このキッカケがあり、傑とあなたの名前は親しくなった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
五条悟
五条悟
傑とあなたの名前最近仲良いよな…
家入硝子
家入硝子
確かに最近2人で居るね~
五条悟
五条悟
…イライラ
家入硝子
家入硝子
何?嫉妬?
五条悟
五条悟
悪いかよ…
夏油傑
夏油傑
五条悟
五条悟
…んだよ
夏油傑
夏油傑
そんな不機嫌にならないでくれ。私はあなたの名前のことは仲間として同じ呪術師として好きなだけだから
五条悟
五条悟
…わかった(良かった)
(なまえ)
あなた
…何の話?
硝子と傑
あなたの名前は知らなくて大丈夫だよ〜
(なまえ)
あなた
…?
作者
作者
一旦切ります