無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

任務
家入硝子
家入硝子
不気味ね
夏油傑
夏油傑
あぁ、しかも霊力が強くないか?
五条悟
五条悟
お前、何級と戦うんだよ
(なまえ)
あなた
一級3体。この他にもあと5つ任務が入っている
五条悟
五条悟
はっ!?
家入硝子
家入硝子
大丈夫なの?
夏油傑
夏油傑
辛くないのかい?
(なまえ)
あなた
それが仕事だから
あなたの名前の言葉に3人は黙ってしまった。しばらく4人は無言のまま歩いた。
(なまえ)
あなた
いた
五条悟
五条悟
(一級3体まとめて来やがった…)
夏油傑
夏油傑
(一級3体があなたの名前を囲んでいるが…)
家入硝子
家入硝子
(あなたの名前、大丈夫かな…)
一級呪霊
莠コ髢凪ヲ豸医∴縺ヲ縺励∪縺遺ヲ�
一級呪霊
縺雁燕縺ッ菫コ縺溘■縺ォ蜍昴※縺ェ縺�シ
一級呪霊
縺励�縺�∞縺����シ�シ
(なまえ)
あなた
『虚無』
あなたの名前がそういった瞬間呪霊は消えた。
夏油傑
夏油傑
すごい…
家入硝子
家入硝子
一瞬で…
五条悟
五条悟
…(たった一言いっただけで…)
(なまえ)
あなた
あと私は5つ任務があるから3人は…
(なまえ)
あなた
っ!
特急呪霊
ニ"ン"ゲン"…コ"ロ"ズ…
五条悟
五条悟
特急呪霊…!
夏油傑
夏油傑
しかも、呪力が強い…!
家入硝子
家入硝子
一級だけのはずじゃ…!
特急呪霊
マ"ズバ…ギン"ツ"ノ"オ"マ"エ"カ"ラ…コ"ロ"ス"
(なまえ)
あなた
領域展開




















『雲散霧消』
あなたの名前がそう言った瞬間あなたの名前の左目が青色に光った。そして一瞬にして特急呪霊は跡形もなく消えた。
五条悟
五条悟
…おい、今のなんだよ
(なまえ)
あなた
領域展開
五条悟
五条悟
それはわかるんだよ!お前の領域展開を説明しろ!
(なまえ)
あなた
任務あと5つ終わったらね。じゃあ、行くね
そういうとあなたの名前は消えてしまった。
夏油傑
夏油傑
…すごいの言葉しか出ないよ
家入硝子
家入硝子
…とりあえず、帰ってきたら領域展開について聞かないと!
五条悟
五条悟
そうだな
その頃あなたの名前は…
一級呪霊
縺ゅ◎縺シ縺�h
一級呪霊
繧「繧ス繝懊え繝ィ
(なまえ)
あなた
『虚無』
任務が5つ終わって…
(なまえ)
あなた
終わった。帰るか…
作者
作者
1回切ります。