無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

藍との鍛錬
(なまえ)
あなた
(藍…)
藍
【あなたの名前、奴我に何か用か?】
(なまえ)
あなた
藍の強さがどのくらいか知りたいから…一緒に鍛錬してほしいんだ
藍
【承知した。奴我はこの姿のままでいいのか?】
(なまえ)
あなた
じゃあ…(人型になれ…)
ボフッ
藍
よし、あなたの名前の実力も直接見たいからな。容赦はしないぞ!
(なまえ)
あなた
私も手加減はしないよ
サッ
2人が攻撃態勢をとる。
藍
氷刃
(なまえ)
あなた
(刀…まずは様子見かな…)
サッ
(なまえ)
あなた
…っ!?(いきなり目の前に…!)
あなたの名前が藍の攻撃を避ける。
藍
(ほう…今のを避けるとは…)
藍
(なら…)氷結
(なまえ)
あなた
虚無
藍
…っ!?(氷が消えた…!なるほど…これがあなたの名前の術式の虚無か。厄介だな…)
(なまえ)
あなた
(氷は虚無で消える…これなら行ける…)
数時間後…
藍
…っ!(駄目だ…あなたの名前の術式で氷は消えてしまう…仕方がない…あまり使いたくないのだが…)
藍
氷輪!
(なまえ)
あなた
…っ!(さっきの氷刃よりも鋭い刀…)
藍
奴我にこれを使わせるとはな…本気で行くぞ!
(なまえ)
あなた
私も本気で行く!
藍
氷輪 解 (ひょうりん かい)




















雲隠氷面鏡(くもがくれひもかがみ)
(なまえ)
あなた
       領域展開    


















『雲散霧消』
2人の攻撃がぶつかる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
藍
…っ ハハッ…降参だ。奴我の負けだ
(なまえ)
あなた
藍強いね。初めてだよ…鍛錬で領域展開を使ったの…
(なまえ)
あなた
藍…雲隠氷面鏡って何?
藍
雲隠は、見えなくなること。氷面鏡は、凍った面が鏡のようにみえること
藍
つまり、氷の鏡で隠れている本当の自分を写すということだ。夢幻…とでも言うが…
(なまえ)
あなた
へ〜…そうなんだ
さしす組
あなたの名前!
(なまえ)
あなた
あ、みんな…
五条悟
五条悟
すげぇ音したんだけど…
(なまえ)
あなた
私たちが鍛錬したからね
家入硝子
家入硝子
藍と一緒に鍛錬してたの?
(なまえ)
あなた
うん。つい、本気出しちゃった
藍
あなたの名前はまだまだ強くなれると思うぞ。あんなもんじゃない
夏油傑
夏油傑
さっきのでも凄い威力だったと思うけど…
(なまえ)
あなた
藍、また…一緒に鍛錬してくれる?
藍
あぁ。奴我はあなたの名前のパートナーだからな。いつでも鍛錬に付き合うぞ
五条悟
五条悟
俺も藍と戦ってみたいな!
夏油傑
夏油傑
私もだよ
藍
(なまえ)
あなた
藍?
藍
奴我はあなたの名前以外には興味がない
五条悟
五条悟
あ"ぁ"?
夏油傑
夏油傑
聞き捨てならないね…
藍
奴我はあなたの名前の頼みしか聞かないからな
(なまえ)
あなた
藍…2人にも鍛錬してあげて…
藍
あなたの名前が言うなら…
五条悟
五条悟
よ〜し!狐、覚悟しろよ…
夏油傑
夏油傑
私も本気で行くね…
藍
この後2人は藍に負けました。
五条悟
五条悟
あの…狐…ヤベェ…
夏油傑
夏油傑
本当だよ…
藍
あなたの名前ほど手応えがなかったな
悟と傑
(💢゚Д゚)イライラ
(なまえ)
あなた
藍…仲良く
藍
…善処する
家入硝子
家入硝子
派手に2人もやられたね〜…狐に負けるとか…w
悟と傑
しょ〜う〜こ〜(💢゚Д゚)イライラ
作者
作者
次回もお楽しみに♪