無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

進展は…
夏油傑
夏油傑
悟、あなたの名前と何か進展はあったのかい?
五条悟
五条悟
…な〜んにもない!
夏油傑
夏油傑
本当かい?
五条悟
五条悟
マジ。本当になんにもない
夏油傑
夏油傑
悟、あなたの名前と付き合えるのかい?っていうか本当にあなたの名前と付き合いたいのかい?
五条悟
五条悟
は?付き合いたいに決まってるだろ。ってか今の時点であなたの名前と付き合えるかは…わからない
夏油傑
夏油傑
本気なんだね?あなたの名前のこと
五条悟
五条悟
当たり前だろ、…何?疑ってんの?
夏油傑
夏油傑
いや…あれだけ『女と付き合うのは面倒臭い』って言ってたからね…少し信じられなくて…
五条悟
五条悟
…あん時は俺の容姿とか、術式とか、五条家の当主とか…俺のことなんにも知らない女が言い寄ってきて、嫌だったんだよ
夏油傑
夏油傑
あなたの名前は違うのかい?
五条悟
五条悟
…あぁ
五条悟
五条悟
あなたの名前は、俺が五条家の当主ってこと知らなかったし、媚びとか売ってこないし、俺の中身とかをちゃんと見てるし、俺をちゃんと1人の人間…五条悟として見てくれるからな
夏油傑
夏油傑
ベタ惚れじゃないか
五条悟
五条悟
うるせぇよ…///
夏油傑
夏油傑
…まず、あなたの名前に少しでも意識してもらえる様なことをしないとね。何かしたのかい?
五条悟
五条悟
…一緒に出かけたり、プレゼントやったりだな。ってかさ、あなたの名前が鈍感すぎなんだよ!
夏油傑
夏油傑
確かにあなたの名前は変なところで鈍いからね…
五条悟
五条悟
どうしたらいいだろうな…
夏油傑
夏油傑
悟が素直になったらいいと思うんだけど
五条悟
五条悟
素直…?
夏油傑
夏油傑
悟はいつもあなたの名前にちょっかいをかけたりするからね…
五条悟
五条悟
しょうがねぇだろ。あなたの名前と居ると…感情がぐちゃぐちゃになって…わからなくなるんだよ…
夏油傑
夏油傑
まぁ、悟が今の関係がいいなら今のままでいいと思うよ
五条悟
五条悟
夏油傑
夏油傑
焦ってもいいことないしね
五条悟
五条悟
…そうだな
夏油傑
夏油傑
じゃあ、あなたの名前の好きなところを聞こうか
五条悟
五条悟
はぁ!?///
夏油傑
夏油傑
いいだろう?
五条悟
五条悟
前に話しただろ!///(第14話のとき)
夏油傑
夏油傑
いいから。はい、どうぞ
五条悟
五条悟
…〜っ!///
五条悟
五条悟
え、笑顔///
夏油傑
夏油傑
それは、前に言っていたよ
五条悟
五条悟
覚えてんじゃねぇか!///
夏油傑
夏油傑
第14話で言ったこと以外で
五条悟
五条悟
メタイな…
五条悟
五条悟
あなたの名前って、強いじゃん?
夏油傑
夏油傑
そうだね。一緒に鍛錬していてあなたの名前から1本も取ったことがないよ…
五条悟
五条悟
でも、あなたの名前って本当は弱くて、繊細で、傷つきやすくって…なんか…そんなところを守ってあげたいな…って
夏油傑
夏油傑
庇護欲?
五条悟
五条悟
…そうだな
五条悟
五条悟
あとは、純粋に一緒に居ると楽しいし、本当の自分でいれるから///
夏油傑
夏油傑
なるほどね。悟がそんな風になるなんてね…
五条悟
五条悟
俺だって驚いてる…
五条悟
五条悟
でも、あなたの名前の笑顔が見れるなら何だってする
夏油傑
夏油傑
そうか…
夏油傑
夏油傑
そこまで悟が本気なら私も協力しない訳にはいかないね
五条悟
五条悟
待って、今までは協力する気なかったのか?
夏油傑
夏油傑
……まぁ、私は悟を応援しているよ
五条悟
五条悟
今の間なんだよっ!スルーすんなよっ!
作者
作者
次回もお楽しみに♪