無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会った経路
翔太と出会ったのは、高校に入学して1週間がたった頃だった____
化学の授業の時、名前順が近い私達は隣の班になった。私の班にいた純平と仲が良く、純平と話すうちに翔太とも関わるようになっていた。
翔太は騒がしくするキャラではなく、数人でゲームをするような男子でした。でも話すとすごく面白くて楽しい。そんな人で、私はそんな所に魅力を感じていた________