プリ小説
一覧へ

第4話

*03
最澄 依霄
では、また1ヶ月後にお薬貰いに来てくださいね
今日は主に外来の日。
冴島 はるか
最澄先生‼
診療室に冴島が飛び込んできた。
最澄 依霄
どしたの冴島
冴島 はるか
麻昼さんが目を覚ましました!!
最澄 依霄
え…
_____________________
急いでICUに向かうと既に白石が診断していた。
最澄 依霄
白石!
白石 恵
最澄先生、、
なにか怪しげな顔をしている。
藍沢 耕作
恵。
藍沢がなにやら紙を持って来た。
白石 恵
なに?
藍沢 耕作
最澄麻昼さんの脳の検査結果だ。
最澄 依霄
なに、脳の検査結果って。。
聞いてないんだけど
白石 恵
相談室来てほしい…。そこで話す。
最澄 依霄
分かった。
一瞬、横目で麻昼を見たが、まだ挿管されていたため、無駄か と相談室へ向かった。
_____________________
白石 恵
今の麻昼さんの状態なんだけど、
相談室に入ってから一気に緊張感が高まった。
最澄 依霄
うん、
白石 恵
脳の腫れが酷くて意識がハッキリするのに時間がかかる。
最澄 依霄
それだけ?
白石 恵
あと…
最澄 依霄
………
白石の言葉を冷静に待つ。
白石 恵
意識障害の他にも…
記憶喪失…の可能性が非常に高い。
それの原因が脳腫瘍。
白石の言葉を理解したくても耳からすぐに外へ流れていく。
最澄 依霄
ん…?
白石 恵
……脳腫瘍。それによる記憶喪失、意識障害。。腫瘍を切除するのにも、手に麻痺が残る可能性は90%…
最澄 依霄
へ………??…
初めて
人の話を理解するのが
遅かった気がする。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

灑  薇  - 無 浮 上 -
灑 薇 - 無 浮 上 -
灑 薇 さ ら 元 ・え み る "嵐" と "キンプリ" L O V E . "A R A S H I C 歴 1 1 年 . "紫 の 王 子 様 松 本 潤 裙 . 💜 "紫 に 恋 し て 1 1 年 . 💜 " 5 人 で 嵐 .  な ん だ か ら ! ! "テ ィ ア ラ 歴 4 ヶ 月 く ら い の 初 心 者 . "漆 黒 の 王 子 様 永 瀬 廉 裙 . 🖤 "ク ー ル さ と か わ い さ に 負 け ま し た . 😳 _____________________ "ファンマ 『🙃🌷』 "付 け て く れ る 仔 だ い す き す き .🧚 た く さ ん あ り が と う . ♡ _____________________ ❥ 大 好 き な 大 切 な お 友 達 . ゆ っ か . 🧚 🌷 い つ も あ り が と う . ___💌 だ い す き よ . 🧚 ひ な . 🧚 🌷 い つ も 仲 良 く し て く れ て あ り が と う . ___💌 だ い す き よ . 🧚 ____________________________ ❥ 大 切 サ ン . ひ な ゆ っ か た ま き _____________________ ふ ぁ ん . ‼ 🌠⏳☃← な な た ん め ん ん ん . 🐤🦄🌈← L I N E も っ と し よ ぉ .!! ❤🍬❤← 仲 良 く な り 中 . ❥❥❥ 🐣← 可 愛 く て 面 白 い 💓 だ い す き ぃ ぃ . 💓