無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ハプニング
アナウンサー
『続いてのニュースです。
只今台風○号が○○に直撃している模様です。
○○にお住みの方は自宅から出ないようにしてください。』
藍原○○
藍原○○
え!?!?!?
プルルル
藍原○○
藍原○○
📞もしもしお母さん?
お母さん
『ニュース見た?
ごめんね、会社に泊まることになったの
お父さんも会社に泊まるって言ってたよ
だから家で適当にご飯作ってね💦』
プープー
藍原○○
藍原○○
はぁ、、、まじか、
ってゾムさんは!?
ゾム
ゾム
うーん、、、
あれ、なんであなたが?
ってそや眠たなったから寝かせてもらってたんや
ほな俺帰るな〜
藍原○○
藍原○○
待って!台風直撃してるってニュースで言ってた!
ゾム
ゾム
|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ
あ、やべ、、、
なんやこの雨
藍原○○
藍原○○
だから言ったのに!!!
藍原○○
藍原○○
ってシャオロン大丈夫かな。
雷怖いって言ってたよね(本物はどうか知りません)
ゾム
ゾム
家どこなん?
藍原○○
藍原○○
あれ(真ん前の家を指す)
ゾム
ゾム
LINEして呼べば?
ゾム
ゾム
てかあいつ今おらんのじゃ、、、
藍原○○
藍原○○
あ、そうだっけ
ゾム
ゾム
おん
藍原○○
藍原○○
じゃあ部屋戻ろっか
部屋にて
ゾムside
ど、どどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどうしよ!!!!?
あなたと2人きりやで!?!?
ゾム
ゾム
な、なぁあなた
ゾム
ゾム
今日夜ご飯どないするん?
藍原○○
藍原○○
私が適当に作るつもりだけど、、、
ゾム
ゾム
え!?まじで!?!?!?
(´◉ ω ◉`)۶ッッッィィィィイイイイヨッシャアアアアアアアァ!!!!
バン!
藍原○○
藍原○○
え!?何!?
ゾム
ゾム
停電か?
藍原○○
藍原○○
(。ŏ﹏ŏ)コワイ
ゾム
ゾム
もしかしてあなた怖いん?
藍原○○
藍原○○
う、うん、、、
.°ʚ(  *´꒳))ω`,,)ギュッ
ゾム
ゾム
こ、こうしたらマシやろ…///
藍原○○
藍原○○
ありがと…///
(あ、作者ですここからゾムさんの心の声をひたすらつらつらと書いていきます。書き終わったら次の話に行くので長いの嫌やわぁって人は次の話を見てください)
いやいやいや俺暗闇で何してんの!?!?
しかも俺のアレ勃ってる!?
これあいつにバレたら……
藍原○○
藍原○○
ちょっとゾムさん!?
何…///
ほんとばか!!
とか言われるんだろうな、、、
どうしよ、、、
おさまる気配ないし。
電気ついたら即トイレいってオナるしかないか。
“これやから童貞はあかんねん”
ふと自分も童貞である鬱先生の言葉が過った
はぁ、、、
あなたとヤれたら幸せやろうな。
あんなでかい胸揉めるやつは幸せもんやな。
俺はあかん。
あと5ヶ月。
せめて5ヶ月我慢せな。
































なぁあなた。

お前は俺のことどう思ってる?





俺があなたが好きやって言ったらお前はなんて言う?












笑顔でいいよって答えてくれるか困った顔でごめんねって答えるよな。




多分俺からの告白は困った顔でごめんねって答えるよな。





だから俺はお前には告らんよ。












あの日になっても