無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

やっとだ、、、
鬱先生
鬱先生
そこの君〜♡♡
女子
は、はい、、、
鬱先生
鬱先生
今日暇?
僕とデートしよ♡♡
女子
いや、えっと、、、
藍原○○
藍原○○
鬱先生、やっと見つけた
鬱先生
鬱先生
げっ!
あなたちゃんじゃん、、、
藍原○○
藍原○○
あんたね!
何回生徒会役員らしくないことで怒られたら気が済むの!!
藍原○○
藍原○○
あんたのせいでクレームが後を絶たないのよ!!
藍原○○
藍原○○
そこの女の子もう行っていいよ
女子
あ、藍原さんありがとうございます!
鬱先生
鬱先生
あ、僕のハニーが!!!
藍原○○
藍原○○
いい加減にしなよ
鬱先生
鬱先生
え、?
藍原○○
藍原○○
いい加減にしろ!
藍原○○
藍原○○
僕のハニー?
あの子たちはそんなこと言われたくないんだよ!
あんたにナンパされてうざがってるんだよ!
藍原○○
藍原○○
いい加減気づけよ
鬱先生
鬱先生
あなたちゃん、、、
藍原○○
藍原○○
もう生徒会役員から外すね
藍原○○
藍原○○
今まで副会長として務めてくれてありがとう
鬱先生
鬱先生
え、ちょっと待ってよ!
藍原○○
藍原○○
さよなら、鬱先生
短くてごめんなさい
学校行く前にあげます
Next➥