無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

ショッピルートPart9(リク受付箱)
あなたside
藍原○○
藍原○○
( ̄□ヾ)ファ
藍原○○
藍原○○
よく寝た、、、

って
藍原○○
藍原○○
い゙っだぁ!!!
ショッピ
ショッピ
え!?先輩大丈夫ですか!?
藍原○○
藍原○○
ショッピが昨日思いっきり突くからぁ!!!
藍原○○
藍原○○
腰痛いし!!!!
ショッピ
ショッピ
(o´罒`o)ヘヘッ♡
ショッピ
ショッピ
ごめんなさぁい♡♡
藍原○○
藍原○○
ほんとバカ…///
ショッピ
ショッピ
先輩、愛してます♡♡
藍原○○
藍原○○
うっさい…///
ショッピ
ショッピ
そういえば今日休みですけどどっか行きません?
ショッピ
ショッピ
俺、先輩に服選んで欲しいです!
藍原○○
藍原○○
あの……さ?
腰痛いって言ったよね?
ショッピ
ショッピ
あっ!
そうでした(๑>؂•̀๑)テヘペロ
藍原○○
藍原○○
もう朝ごはんあーげない!
ショッピ
ショッピ
ざんねーん俺もう朝ごはんつくってありまーす
藍原○○
藍原○○
食べたい!!
ショッピ
ショッピ
しょうがないですね〜
ショッピ
ショッピ
リビング来てください
藍原○○
藍原○○
やった!
リビングにて
ショッピ
ショッピ
どうぞ、
藍原○○
藍原○○




、、

、、、





すご
ショッピ
ショッピ
(*`ω´*)ドヤッ
ショッピ
ショッピ
( *´ ∀ `*)< ホメテホメテホメテホメテ!
藍原○○
藍原○○
スゴ━━━(*′▽`人′▽`*)━━━イ♪
ショッピ
ショッピ
あ、先輩!
今日夕方くらいからゾム先輩とタコパするんですけど先輩もどうですか?
ショッピ
ショッピ
ゾム先輩にはOKもらってます!
藍原○○
藍原○○
え!行きたい!!
いいの!?
ショッピ
ショッピ
いいですよ♡♡
藍原○○
藍原○○
やったぁ!!!
Next➥
作者
作者
すいません。
ネタが無いんで思いつくまでリクに答えます
このコメント欄に書いてください