前の話
一覧へ
次の話

第16話

❥______.
919
2022/02/21 06:17
松川side
松川
あなたさんってさ
松川
うざくない?
















この言葉から全ての始まりが決まった
美咲にあなたの悪口を言って
勝手に暴走した美咲は女子に事の発端の原点を作り始める
まずはあなたさんを1人にさせることから始まった
そのためにまず美晴とか言う奴と同じ部活の奴らに吹き込んだ
もちろん美咲がやった
こんなにあっさり行くとは思わなかった
あの女美晴は部活で孤立したくないがためにあなたさんから離れた
そこから美咲はクラスの吹部の人を操ってクラスを誘導した
吹部の女に美咲は「ピアノミスってた」と伝えた
美咲はピアノ無経験だった気がするけど
その吹部の女はあっさり信じた
そこからはクラスが勝手に動いて
あなたさんはあともうちょいで堕ちる所まで進んだ
そして、最後に美咲は自作自演を始めた
そこまでやるとは思ってなかったっけど
堕ちるには最高のトドメだった



















あなたさんが向かった道を少しずつ追った
あなた.
グズッ…グズッ…
声を荒げず
静かに泣いてる俺の可愛い天使
あなたさんがいる場所は学校の屋上
あなた.
も゙ぉ゙…やだぁ゙…
松川
ゾクッッッ♡
泣いてる姿に興奮が止まらなかった
その泣き顔を


















        俺に見して♡
松川
あなたさん
あなた.
ッ?!
耳まで真っ赤にして泣いてる姿
ニヤケを抑えつつ
俺は少しずつ近づいた
松川
どうしたの…?
さっき、美咲泣いてたけど…
あなた.
ッ…!
酷く傷ついたんだろうな
顔が一瞬引き攣った
松川
俺は、あなたさんが悪いと思ってないよ
あなた.
え…?
あともう少し
松川
俺はあなたさんがそんなことする人じゃないってわかってるよ
あともう少し
あなた.
ッ…グズッ…
松川
あなたさんは優しい人だもん
あなた.
松川くん…ッ
あと
松川
ん?











少し












あなた.
助けてッ…
松川
うん…♡
          堕ちた




















泣き疲れて寝息をしながらも眠るあなたさん
ストレスによって落ちた体重
綺麗だった髪の毛はバッサリ切られていた
松川
結構好きだったのにな、髪
小さなあなたさんを抱え
教室に戻った
先生
えっ…と…?松川さん…?
松川
はい
先生
なぜ、隣のクラスの白雪さんが…?
松川
…隣のクラスでいじめがあります
先生
いじめ…?!
松川
あなたさんがどんなに傷ついたか、先生方にはわかんないでしょうね
先生
…一旦授業を止めます
そして先生はどこかへ消えてしまった
美咲.
いっ、一静…?ソイツ、私を虐めたんだよ…?
松川
へぇー、自作自演で?
美咲.
じっ!?!
は?自作自演…?
美咲.
そんなわけ、ないでしょ…?!
美咲は顔を真っ青にさせながら言った
あなたさんとは真反対の顔色だ
美咲.
一静…?一静なら私の事信じてくれるよね?
松川
自作自演だって言うなら信じるよ
美咲は絶望したような顔をしていた
そして、美咲があなたさんにしたように
俺もトドメを刺した
松川
俺、美咲のことずーっと、嫌いだったよ
美咲.
ッ…!?なんで…なんでよッ!!!
最終的に泣き崩れた美咲は教室を出ていってしまった
代わりに入ってきたのは美晴だった
美晴.
あなたッ!!!!!!!
美晴は入ってきた早々あなたさんに触ろうとした
松川
…何
美晴.
あなたを返して
松川
返して?なんで
美晴.
アンタの!!!!元カノがあなたをッ!!
松川
自分は悪くないと言いたいの?
美晴.
ッ…!!!!
美晴.
それは…
松川
最後まであなたさんを信じてたのはどっちだっけ?
親友の君?違うよね?
松川
元彼の俺だよね?
美晴.
ッ…
松川
二度と俺"ら"に近づかないでね…?
美晴.
……
松川
返事、出来ないの?
美晴.
…い
松川
何?聞こえない
美晴.
ッ…はい
美晴は帰って行った

プリ小説オーディオドラマ