第15話

❥______.
690
2022/02/19 15:52
長く伸ばした髪は切られ
綺麗だった机は落書きで埋まり置かれた花瓶
水をかけられたりもした
家に帰っても居場所はなく
ただただ怒られ叱られの繰り返し
担任の先生からも言われた
「どうしたらこんなに点数が落ちるんだ」
そんなの知らない
唯一の心の支え
たかちんでさえも離れていった
花巻.
なんか、最近のお前…
        「気持ち悪ぃ」
あなた
ハハッ…そうだよねニコッ
花巻.
ッ…




























そして、悲劇が起きた
美咲.
グズッ…ヴ~…ッ!
まじでありえない
意味わかんねー
死ねばいいのに
学年の廊下を歩いている時だった
ちょっと!!
あなた
…?はい
こんなことやって許されると思ってる訳!?
まじでサイテー
なんのことなのかわからなかった
ただ小野田さんが泣いているのだけは理解出来た
美咲がアンタにいじめられたって言ってんのッ!
理解ができない
私は小野田さんのL〇NEも消したし
話しかけたことはない
松川くんと別れた日から小野田さんとは関わっていない
美咲.
あなたちゃん゙ッ…酷いよぉ゙~…!!!
あなた
……
あなた
(そういう事ね)
小野田さんはそもそも私が嫌い
今、この状況を利用すれば私を確実にどん底に落とせる
あの時のL〇NEも理解出来る
何か言ったらどうなの?
まじで、クズだわ
なんでここにいんのよ
帰んなよ
学校に来てんじゃねぇーよ
今、私が否定しても無駄なこと
美晴.
あなた…?
あなた
美晴…
美晴.
ほんとに、虐めたの…?
あなた
ッ…!!
美晴だけは違うと、そう言ってくれると思ってた
やっぱり、私はひとりぼっちがお似合いなそうだ
あなた
美晴なんて大っ嫌い
美晴.
ッ!あなた?あなた!!!
私は駆け出した
その場から逃げたかった
後ろでは美晴と数人が叫んでいたけど
そんなの無視した









































もう、楽になりたい__

プリ小説オーディオドラマ