無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

とりあえず、第1話
出久side

緑 や、辞めようよ、💦

三 えー!だって気になるじゃん‼︎

上 だよな⁉︎

三 うん!開けちゃお!

上 あぁ!

あ、開けちゃダメな気が!

ガチャ

開けちゃった

? んー?消太くん?どーしたのって、、誰?

峰 お、女の子⁉︎

女の子⁉︎しょ、小学生?

緑 小学生?どうしたの?

? 、、、君と同い年だ。

上 ぷふっ、何分かりやすい嘘ついてんだよw

? わ、笑うなんて失礼な!

相 お前ら何してんだー?

A組 んぎゃぁぁあ!

三 こ、これはえ、えと好奇心で開けてしまって、、

上 た!たまたまですっ!

峰 気になって開けただけだ!です!

↑怒られると思って焦ってるおバカさん。

緑 先生!なんで、小学生の子がいるんですか?

切 確かに!誰ですか?先生の姪っ子とかですか?

? 、、、←怒ってる

相 あー、教室に空いてる席あるだろ?それ、こいつの席だ。

A組 、、、えぇぇぇぇぇぇええ⁉︎
   

              
              第1話 終わり
主から

短いですね、、
どうしよう、、、、、あっ!オリジナルストーリーです!あと、ゆっくり投稿なので遅いです。すみません、私情ですが、ご理解お願いします。