第2話

1 転校生はGLGの妹
761
2023/07/05 03:00















not side
五条悟
えー、ゴホン
五条悟
スゥーーーーーーー
五条悟
おっはよぉみんなぁぁぁぁぁぁぁぁあ‼︎




ドタドタドタドドドドド






バンッッッッ
釘崎野薔薇
アンタ朝っぱらからうっさいわよ!








そう言い教室の扉を乱暴に開け放ったのは釘崎野薔薇くぎさき のばら
伏黒恵
オマエもだぞ







半分寝ぼけ顔で教室に入ってきたのは伏黒恵ふしぐろめぐみ
虎杖悠仁
せんせー朝早いの珍しいね!






怒りも呆れもせずに教室に入ってきたのは虎杖悠仁いたどりゆうじ

五条悟
やぁやぁお早うみんな〜。






教室の真ん中でひらひらと手を振っているのが五条悟ごじょうさとる
釘崎野薔薇
折角スイーツの夢見てたのに、しょうもないことなら祓うわよ💢
五条悟
いやー怖い怖い。(棒)
伏黒恵
でも、ほんとに珍しいですね。
虎杖悠仁
で?どうしたのせんせー。
五条悟
えー、それでは本題に入ろう…




野薔薇の怒りも少しはおさまったようだ。
五条悟
じーつーはー
釘崎野薔薇
何ニヤニヤしてんのよ。キモいわよ。
五条悟
ちょっと遮んないでよー。




五条は子供のように頬を膨らませる。




その様子に3人はほぼ呆れ顔だ。
伏黒恵
実は…何ですか?
五条悟
ゴホン))実は、
五条悟
今日転校生が来まーす!








 
一年ズ
え?
虎杖悠仁
聞いてねぇよ?
五条悟
言ってないもん
釘崎野薔薇
どんな子よ
五条悟
フッフッフー。よく聞いてくれた!
釘崎野薔薇
(聞かなきゃよかった)








五条は興奮した息を整えるように一息ついた。
五条悟
僕の妹でーす!










一年ズ
え?
伏黒恵
(クラスがよりうるさくなりそうだな)
釘崎野薔薇
(ほんとに聞かなきゃよかった)
虎杖悠仁
せんせー、妹いたの⁈
五条悟
ってことで、起こして来て下さ〜い







一年ズ
え?
五条悟
まだ寮で寝てるっぽいんだよね〜
釘崎野薔薇
(なんて子なのよ)
伏黒恵
(面倒くさそうだな)
虎杖悠仁
どこにいんの?
五条悟
野薔薇の隣の隣
釘崎野薔薇
(微妙な位置!)
五条悟
んじゃ!僕任務だからバイバーイ







五条は手を振りながら3人を残して教室から出て行った
伏黒恵
あの人、ちゃんと任務行くんだな…
釘崎野薔薇
全然面倒くさがって無かったわね。
虎杖悠仁
取り敢えず起こしにいこーぜ







虎杖がそう言った時、
野薔薇&恵
(絶対面倒くさいタイプだ!)





と、思っていた。






実際は、










(なまえ)
あなた
“私なんか…”




という思考の持ち主であることをまだ知らない



え?こんな感じ?




マジで今までの小説の中で1番口調が分かんない!





え、教えて?






後、変だったら言って?





next→

プリ小説オーディオドラマ