無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

950
2019/09/30

第4話

???
お邪魔しますね
ん?誰だろう
声がとても綺麗だ。
刀を差してる?え?私の事殺す気っすか?
You
You
あ、あの、誰ですか?
???
私はこの蝶屋敷の主
胡蝶しのぶ というものですニコッ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
怪我は痛みますか?
You
You
いえ、アオイさんのおかげで全く痛くありません
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そうですかニコッ
あなた、そんな格好で寒くないかしら?
そういえば寒いかもしれない·····。
You
You
さ、寒いです
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
なら、あちらの部屋に服が置いてあります
その服にお着替えしておいて下さいニコッ
You
You
ありがとうございます!
随分と準備がいいなぁ
蝶屋敷って、なんか、屋敷というより
病院みたい。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それじゃあ、失礼しますニコッ
ガラガラ
しのぶさんはニコニコしながらこの部屋を出ていった
You
You
着替えに行こうかな
ガラガラ
You
You
これ、浴衣?
机の上には浴衣が置いてあった
でも、私は浴衣の着付けなんて知らない
普段は勉強ばかりでお祭りなんて
行かないからだ浴衣なんて小学生以来
着ていない
You
You
ど、どうしよう💦
ガラガラ
You
You
あっ!アオイさん!
アオイ
アオイ
なんでしょうか
You
You
あ、えっと、浴衣着付けしてくれませんか?
アオイ
アオイ
わかりました
You
You
ありがとうございますm(_ _)m
アオイさんは私が着付けできないのを悟り
私に教えながらきつけしてくれた
あおいさんがきつけしてくれた浴衣は
とっても綺麗だった。


私はアオイさんが仕舞おうとしていた服に
目が着いた
You
You
あの、その服
アオイ
アオイ
あ、こちらにしますか?
浴衣より暖かいですよ
You
You
あ、そっちにしてもいいですか?
そっちだったら自分で出来そうだし
アオイ
アオイ
そうですか。
一応浴衣も持っていてくださいね。
You
You
はい!
私は浴衣を手早く脱ぎ、
アオイさんが持っていた服を着た。
You
You
ありがとうございましたニコッ
ガラガラ
洋服をしまっているアオイさんを後にし、
私は炭治郎の声がする方へ行った。