無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
정한
정한
あなた…大丈夫。
You
You
……ッ
私の頬には沢山の




涙が流れた。














いつも支えてくれたのは











シュアとジョンハン。










シュアは私たちに何も言わず





























































































失踪した
‪(ꫛꫀꪝ)