無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
ジョンハンを運んで行った。







どうしよう。ここから……




抜け出した方がいいのか……














でも













ジョンハンが……










































































































決めた。
そのままいよう。









友達を見捨てない。
ガチャ
Hina
お前ふざけんなよ?
You
You
……
Hina
舐めた口聞きやがってよ?
Hina
うぜぇんだよ。
お前がいなければジョンハン君は私のものなんだよ。
You
You
……ごめん…なさい
Hina
謝って済まされるほど優しくねぇよ?
お前には。
Hina
償えよ?(殴る
You
You
……ッ
Hina
いい加減にしろ。(殴る
You
You
い……ッ…
それからしばらく、、







私には






1時間ぐらいに感じたが














時計を見ると





10分くらい経っていた。










よく耐えれたな。



自分














































胸張って言えることだな。





ひなさんは……












ジョンハンの横で寝たらしい









部屋に行ったが……









怖かったからソファーで寝る事にした。
あざとか……血が出ていたが















対処出来る体力が無かった。



とりあえず






寝よう。