前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
人生は長い長い線路のようなもの










































広い広い海のようなもの



























































なにがあるか分からないから楽しいんじゃん


















































 


















何にも知らないくせに笑ってんじゃねーよ



























































































優しさはいずれ勇気へと変わる

















































































自分が良ければそれでいいのかよ
























































最後に自分以外の人を気にかけてあげれる奴が








































































本当に勝ったっていうんだよ