無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

体育祭練習
自然教室から帰ってきて即体育祭練習。

体育祭実行委員と学級委員の3人でクラスを
まとめる。

[学年種目:台風の目]

これが特に学年で競って練習したやつ。

練習で
"どうやったら1位をとれるか"皆で考える

考えては実行して考えては実行して…

練習最後。
学年で合わせて対決する。
すると1位をとれた。

体育祭本番も1位だと良いな。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
体育祭練習
[種目:100メートル走]

私は陸部。
自然教室から帰って来たばっかだったから
部活をやってる1年生は極わずか。

私は入部して陸部の仕組みを把握した位で
練習は余りしていない。

だから100メートル走の走る順番を決める時
タイム順にしたけど………。

私のクラスは運動神経が皆良すぎてタイムを並べて順番を決めるのがとても大変だったから

陸部の私が1番に走って2番目に速い人が1番最後のトリに残しておいて

後は適当に順番を並べたの!!

そしたらね。

学年で1番速い女子って言われてる
4組の女の子も1番に来たのよねぇ……。

まぁ……。
負けず嫌いな性格で曲がってる私は
もちろん練習でも気は抜かないですよ。


他の人に凄いって思われたいからね?笑

そう思う事は堂々として良いことだと思う

私は思う。
[ぜってー負けねー。]

私『ぜってー負けねーからな。』
S『あたしも絶対まけないから。』
私『言い訳なしだからな!』
S『もちろん!』

Next.体育祭