無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

数日間
私の誕生日は
あいつの誕生日の7日前。


だから1週間差ってわけ。



誕生日プレゼント何貰えるかなとか思ってたの






少し期待してたの。







デートに行く暇ないなら

期待位してもいいよなって

思っちゃったの。






でも、当日には貰えなかった。





メールで言ったら




その数日後にもらった。






それも学校で。







…………………………。




えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!




筆箱にこっそりメモ帳入れるから何かなって

おもって見てみたら

『愛しています。』


だってぇぇぇぇぇぇ!!!



裏見てみたら



『次遊ぶときはこの紙を使って下さい。』



だってさ笑笑笑笑笑




なんか可愛いな。笑笑笑





めっちゃ嬉しかった。





私もあいつの誕生日に

あげようとした。誕プレ。


なのに早く帰ったり友達がいるから

全然渡せなくって。


夏休み最後の日になっちゃった。


また先帰っちゃうから



走って追いかけたら間に合ったの。



おかげで男子達に見つかったけど。



でもなんか暗かった。
そんなあいつの顔が怖かった……。


なんでだろう。



いまでもわからない。




夏休みの最後の日だったから?





なんでそんな暗い顔なの………?







笑ってよ……。