無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

復習
好きな人出来たって言われて





誰?とは聞こうとしなかった。







その女の子に罪も無いのに私が嫌がらせを


するかもしれないから。






だから聞かなかった。








復習する為に


勉強とスポーツで絶対私が復習するって



そう思ったの。




成績良ければ悔しがるかと思って。





まぁ体育の成績は5であいつよりもちろん


上だったんだけどね笑





ものすごく嬉しかった。






復習はこれからも絶対続けるの。









そうすれば私の心も安定するから。









それしか方法はないの。









息ができる。









それであいつの好きな人は


誰か知る為に他の人が聞くと




いない





そうかえってくるんだって。







あり得ない。




うそつき。